日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前のバージョンを使用して SVM を削除します

ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)を使用して、ストレージシステム構成から不要になった Storage Virtual Machine ( SVM )を削除できます。

次の作業を完了しておきます。

  1. すべてのボリュームの Snapshot コピー、データ保護( DP )ミラー、および負荷共有( LS )ミラーを無効にします

    注記

    LS ミラーを無効にするには、コマンドラインインターフェイス( CLI )を使用する必要があります。

  2. SVM を削除する場合は、 SVM に属する igroup を手動ですべて削除します

  3. ポートセットをすべて削除します

  4. ルートボリュームを含め、 SVM 内のボリュームをすべて削除します

  5. LUN のマッピングを解除し、オフラインにして削除します

  6. SVM を削除する場合は、 CIFS サーバを削除します

  7. SVM に関連付けられている、カスタマイズされたユーザアカウントとロールをすべて削除します

  8. CLI を使用して、 SVM に関連付けられている NVMe サブシステムをすべて削除します。

  9. SVM を停止します

SVM を削除すると、 SVM に関連付けられている次のオブジェクトも削除されます。

  • LIF 、 LIF フェイルオーバーグループ、および LIF ルーティンググループ

  • エクスポートポリシー

  • 効率化ポリシー

Kerberos を使用するように設定されている SVM を削除したり、別の Service Principal Name ( SPN ;サービスプリンシパル名)を使用するように SVM を変更したりした場合、 SVM の元のサービスプリンシパルは自動的に削除されず、また Kerberos Realm からも無効になりません。プリンシパルは、手動で削除するか無効にする必要があります。プリンシパルを削除または無効にするためには、 Kerberos Realm 管理者のユーザ名とパスワードが必要です。

ある SVM を削除する前に別の SVM にその SVM のデータを移動しておく場合は、 SnapMirror テクノロジを使用します。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. 削除する SVM を選択し、 * Delete * をクリックします。

  3. 確認のチェックボックスをオンにし、 * 削除 * をクリックします。