日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラスタピア関係を作成する( ONTAP 9.3 以降)

ONTAP 9.3 以降では、 ONTAP 9.7 までの間、 ONTAP の System Manager の _classic_interface を使用して、 2 つのクラスタ間にクラスタピア関係を作成できます。そのためには、システム生成のパスフレーズと、リモートクラスタのクラスタ間 LIF の IP アドレスを指定します。

ONTAP 9.6 以降では、新しく作成されるすべてのクラスタピア関係で、クラスタピアリングの暗号化がデフォルトで有効になります。ONTAP 9.6 にアップグレードする前に作成されたピア関係については、クラスタピアリングの暗号化を手動で有効にする必要があります。ONTAP 9.5 以前を実行しているクラスタでは、クラスタピアリングの暗号化を使用できません。したがって、クラスタピアリングの暗号化を有効にするには、ピア関係の両方のクラスタが ONTAP 9.6 を実行している必要があります。

クラスタピアリングの暗号化は、 Transport Security Layer ( TLS )を使用して、 FlexCache や ONTAP などの 機能用のクラスタ間ピアリング通信を保護します。

手順
  1. 「 * ターゲットクラスタのクラスタ間 LIF IP アドレス」フィールドに、リモートクラスタのクラスタ間 LIF の IP アドレスを入力します。

  2. リモートクラスタからパスフレーズを生成します。

    1. リモートクラスタの管理アドレスを指定します。

    2. 管理 URL * をクリックして、リモートクラスタで ONTAP システムマネージャを起動します。

    3. リモートクラスタにログインします。

    4. [* クラスタピア * ] ウィンドウで、 [* ピアリングパスフレーズの生成 ] をクリックします。

    5. IPspace 、パスフレーズの有効期限、および SVM 権限を選択します。

      すべての SVM または選択した SVM でピアリングを許可できます。SVM ピア要求が生成されると、許可した SVM とソース SVM の間に自動的にピア関係が確立され、リモート SVM からピア関係を承認する必要はありません。

    6. [* 生成( Generate ) ] をクリックする。

      パスフレーズの情報が表示されます。

    この図には説明が付随しています。
    1. パスフレーズの詳細をコピー * または * E メールパスフレーズの詳細を E メールで送信 * をクリックします。

    2. [ 完了( Done ) ] をクリックします。

  3. ソースクラスタで、で生成したパスフレーズを入力します 手順 2

  4. [* クラスタピアリングの開始 * ] をクリックします。

    クラスタピア関係が作成されました。

  5. [* Continue (続行) ] をクリックします

次に何をするか

ピアリングプロセスを続行するには、 SVM ピアリングウィンドウで SVM の詳細を指定する必要があります。