日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapVault によるボリュームのバックアップの概要

異なるクラスタにあるボリューム間の SnapVault バックアップ関係を簡単に設定できます。SnapVault バックアップには、読み取り専用の一連のバックアップコピーが格納されます。これらのコピーはデスティネーションボリュームに配置され、データが破損した場合や失われた場合のデータのリストアに使用できます。

この手順は、ボリュームの SnapVault バックアップ関係を作成する場合に使用します。想定している状況は次のとおりです。

  • クラスタで ONTAP 9 を実行している。

  • クラスタ管理者である。

  • クラスタピア関係と SVM ピア関係を設定済みである。

  • クラスタ内のすべてのノードを同じバージョンの ONTAP 9 にアップグレードしたあと、 SnapMirror または SnapVault のライセンスを有効にしておく必要があります。

  • デフォルトの保護ポリシーとスケジュールを使用し、カスタムポリシーは作成しない。

  • 単一ファイル / LUN のリストアのデータをバックアップしない。

  • すべての選択肢について検討するのではなく、ベストプラクティスに従う。

  • 背景にある概念について詳しく確認する必要はありません。

  • ONTAP のコマンドラインインターフェイスや自動スクリプトツールではなく、 System Manager を使用する。

  • ONTAP 9.7 以降では、 ONTAP System Manager の UI ではなく、 ONTAP 9.7 以前のリリースで System Manager のクラシックインターフェイスを使用する。

上記の想定条件に該当しない場合、または背景にある概念について詳しく学びたい場合は、次の資料を参照してください。

ONTAP でこれを行うその他の方法

実行するタスク 参照するコンテンツ

再設計された System Manager ( ONTAP 9.7 以降で使用可能)

"ミラーとバックアップを設定します"

ONTAP のコマンドラインインターフェイス

"レプリケーション関係を作成"