日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームディザスタリカバリの概要

ONTAP System Manager クラシックインターフェイス( ONTAP 9.7 以前)を使用して、災害発生後にデスティネーションボリュームを簡単にアクティブ化し、 ONTAP でソースボリュームを再アクティブ化できます。

この手順は、ボリュームレベルのディザスタリカバリを実行する場合に使用します。想定している状況は次のとおりです。

  • クラスタで ONTAP 9 を実行している。

  • クラスタ管理者である。

  • SnapMirror 関係の設定は次のとおりです ボリュームのディザスタリカバリの準備

  • ソースクラスタのクラスタ管理者が、ウィルス感染によるデータ破損や誤操作によるデータ削除など、何らかの理由でソースボリュームのデータを使用できなくなったと報告している。

  • ONTAP のコマンドラインインターフェイスや自動スクリプトツールではなく、 System Manager を使用する。

  • ONTAP 9.7 以降では、 ONTAP System Manager の UI ではなく、 ONTAP 9.7 以前のリリースで System Manager のクラシックインターフェイスを使用する。

  • すべての選択肢について検討するのではなく、ベストプラクティスに従う。

  • 背景にある概念について詳しく確認する必要はありません。

ONTAP でこれを行うその他の方法

実行するタスク 参照するコンテンツ

再設計された System Manager ( ONTAP 9.7 以降で使用可能)

"SnapMirror デスティネーションからのデータの提供"

ONTAP のコマンドラインインターフェイス

"デスティネーションボリュームをアクティブ化"