日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ソースボリュームを更新

再同期の完了後、ソースボリュームをアクティブ化する前に、ソースボリュームを更新して最新の変更内容をすべて反映することができます。

このタスクは * source * cluster で実行する必要があります。

手順
  1. 実行している System Manager のバージョンに応じて、次のいずれかの手順を実行します。

    • ONTAP 9.4 以前: [ * 保護 * ] > [ * 関係 * ] をクリックします。

    • ONTAP 9.5 以降: * Protection * > * Volume Relationships * をクリックします。

  2. ソースボリュームとデスティネーションボリューム間の SnapMirror 関係を選択し、 * Operations * > * Update * をクリックします。

  3. ソースボリュームとデスティネーションボリュームの間の最も新しい共通の Snapshot コピーに基づく差分転送を実行します。

    • ONTAP 9.3 以降:「 * as per policy * 」オプションを選択します。

    • ONTAP 9.2 以前:「 * on demand * 」オプションを選択します。

  4. 転送に使用するネットワーク帯域幅を制限するには、転送帯域幅を * に制限するを選択し、最大転送速度を指定します。

  5. [ 更新( Update ) ] をクリックします。

  6. 転送ステータスが [Idle] であり、前回の転送タイプが [Details] タブの [Update] であることを確認します。

    SnapMirror 関係の詳細