日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリューム移動の概要

寄稿者 netapp-thomi NetAppZacharyWambold

ONTAP 9.7 以前の ONTAP System Manager のクラシックインターフェイスを使用すると、 ONTAP 9 クラスタの同じ Storage Virtual Machine ( SVM )内のノード間で、データボリュームを無停止で移動できます。

このコンテンツを使用するための要件

これらの手順を実行する前に、次の条件を満たしていることを確認してください。

  • クラスタで ONTAP 9 を実行している。

  • クラスタ管理者の権限が必要です。

  • すべての選択肢について検討するのではなく、ベストプラクティスに従う。

  • ONTAP 9.7 以降では、 ONTAP システムマネージャ UI ではなく、 ONTAP 9.7 以前のリリースで _Classic_System Manager UI を使用する場合。

    一部のタスクでは、 ONTAP コマンドラインインターフェイス( CLI )を使用する必要があります。

  • 移動するボリュームがわかっている。

    移動するボリュームを決定する際には、 Active IQ Unified Manager (旧 OnCommand Unified Manager )を使用できます。

  • 移動するボリュームはデータボリュームです。

  • 新規または転用するハードウェアの設置が完了しており、すでにアグリゲートがある。

  • クラスタに LUN がある場合、すべてのノードから LUN ごとにパスが 2 つ確保されている。

  • クラスタネットワークポートでフロー制御が有効になっていません。

  • ボリュームにネームスペースが含まれている場合、クラスタで ONTAP 9.6 以降が実行されている。

    ONTAP 9.5 を実行する NVMe 構成では、ボリューム移動はサポートされません。

ONTAP でこれを行うその他の方法

実行するタスク

参照先

再設計された System Manager ( ONTAP 9.7 以降で使用可能)

ONTAP コマンドラインインターフェイス

ボリューム移動の代替手段

ボリュームを移動する前に、次の方法の方が適しているかどうかを確認してください。

  • コントローラを無停止でインプレースアップグレードする場合は、アグリゲートの再配置( ARL )を使用できないかどうかを検討してください。 ARL は物理的なデータ移動を必要としません。

  • 移動するのが LUN のみで、ボリュームは移動しない場合は、 LUN の移動プロセスを使用できます。