日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリューム移動後に NDMP バックアップを更新する

移動したボリュームが特定の設定の NDMP を使用してテープにバックアップされていた場合、ボリュームの移動後に次のいずれかの操作を実行して、ボリュームのバックアップを引き続き正常に続行することができます。 ベースラインを作成するか、移動したボリュームを含むノードにバックアップ LIF を移行します。

このタスクについて
  • この手順は、バックアップアプリケーションが Cluster Aware Backup ( CAB )拡張をサポートしておらず、バックアッププロセスがノードを対象とした NDMP を使用している場合にのみ必要です。

    バックアップアプリケーションが CAB をサポートしており、 SVM を対象とした NDMP モードを使用するように設定されている場合は、この手順を省略できます。

  • どちらか一方の操作を実行する必要があります。両方を実行することはできません。

手順

  • バックアップアプリケーションから、新しいベースラインを作成します。

  • バックアッププロセスに設定されている LIF を特定し、その LIF をボリュームが属するノードに移行します。