日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapVault バックアップからデータをリストアする

SnapVault バックアップデスティネーションボリュームを選択したら、リストア処理を実行する必要があります。バックアップしたデータをテストする場合は新しいボリュームにリストアし、データが失われたか破損した場合は既存のボリュームにリストアします。

このタスクは、 * デスティネーション * クラスタから実行する必要があります。

手順
  1. 実行している System Manager のバージョンに応じて、次のいずれかの手順を実行します。

    • ONTAP 9.4 以前: [ * 保護 * ] > [ * 関係 * ] をクリックします。

    • ONTAP 9.5 以降: * Protection * > * Volume Relationships * をクリックします。

  2. SnapVault バックアップデスティネーションボリュームが格納された SVM を選択し、 * Operations * > * Restore * をクリックします。

  3. [ * リストア * ] ダイアログ・ボックスで、元のソース・ボリュームまたは新しいボリュームにデータをリストアします。

    リストア先 作業

    元のソースボリューム

    「 * ソースボリューム * 」を選択します。

    新しいボリューム

    1. 「 * Other volume * (その他のボリューム)」を選択

    2. ボリュームとピア関係にあるクラスタおよび SVM を選択します。

    3. ピア関係にある SVM をリストから選択します。

    4. SVM にピア関係が設定されていない場合は、 SVM のピア関係を作成します。

      1. SVM を選択します。

      2. [* Authenticate] をクリックします。

      3. ピアクラスタのクラスタ管理者のクレデンシャルを入力し、 * Create * をクリックします。

    5. 「 * New Volume (新規ボリューム)」を選択します

    6. デフォルトの名前を変更する場合は、「デスティネーション SVM _ 名前 _destination_volume_name _ restore 」の形式で表示されます。新しい名前を指定し、ボリュームの包含アグリゲートを選択します。

    7. [ 重複排除を有効にする *] チェックボックスをオンにします。

    リストアするボリュームを選択しています

  4. 最新の Snapshot コピーを選択するか、リストアする特定の Snapshot コピーを選択します。

  5. Snapshot コピーからボリュームをリストアする場合は「 * OK 」チェックボックスを選択します。

  6. リストア処理中に転送されるデータを圧縮するには、 [ ネットワーク圧縮を有効にする ] チェックボックスをオンにします。

  7. [* リストア ] をクリックします。

    リストア処理の間、リストア対象のボリュームは読み取り専用に変更されます。リストア処理が完了すると、一時的な関係が削除され、リストアしたボリュームが読み書き可能に変更されます。

    ボリュームのリストア処理の結果
  8. メッセージボックスの OK をクリックします。