日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

リストア処理を検証

SnapVault バックアップデスティネーションボリュームからのリストア処理の実行後、ソースクラスタでリストア処理のステータスを確認する必要があります。

このタスクは * source * cluster で実行する必要があります。

手順
  1. [* Volumes (ボリューム) ] ウィンドウに移動します。

  2. ボリュームのリストでソースボリュームを選択し、 ONTAP のバージョンに応じて次のいずれかの操作を実行します。

    • ONTAP 9.3 以降:ソースボリュームをダブルクリックして詳細を表示し、 * protection * をクリックして、 SnapMirror 関係のデスティネーションボリュームと、ボリュームが含まれている SVM の名前を特定します。

    • ONTAP 9.2 以前:「 * データ保護 * 下部」タブをクリックして、 SnapMirror 関係のデスティネーションボリュームと、ボリュームが含まれている SVM の名前を特定します。Type フィールドには ' 一時的に Restore が表示されますリストア処理が完了すると、フィールドに「 Vault 」と表示されます。

      SnapVault 関係に問題がある場合は、トラブルシューティングを行ってください。SnapMirror 関係のトラブルシューティング手順は、 SnapVault 関係にも適用できます。