日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ネットブート node2

共同作成者

対応する交換用ノード2のシステムモジュールを交換したあと、モジュールのネットブートが必要になる場合があります。ネットブートという用語は、リモート・サーバに保存された ONTAP イメージからブートすることを意味します。ネットブートを準備するときは、システムがアクセスできるWebサーバにONTAP 9ブートイメージのコピーを配置します。

交換用コントローラモジュールのブートメディアに取り付けられているONTAPのバージョンは、シャーシに取り付けられて電源がオンになっていないかぎり確認できません。交換用システムのブートメディアにあるONTAPのバージョンは、アップグレードする古いシステムで実行されているONTAPのバージョンと同じであり、プライマリブートイメージとバックアップブートイメージの両方が一致している必要があります。イメージを設定するには、ネットブートのあとにを実行します wipeconfig コマンドを実行します。コントローラモジュールが以前に別のクラスタで使用されていた場合は、 wipeconfig コマンドは、ブートメディア上の残りの設定を消去します。

また、 USB ブートオプションを使用してネットブートを実行することもできます。サポート技術情報の記事を参照してください "システムの初期セットアップのためにONTAP をインストールするためにboot_recovery loaderコマンドを使用する方法"

作業を開始する前に
  • システムから HTTP サーバにアクセスできることを確認します。

  • ご使用のシステムに必要なシステムファイルと適切なバージョンの ONTAP を、 _NetApp サポートサイトからダウンロードします。を参照してください "参考資料" からネットアップサポートサイトにリンクできます。

このタスクについて

元のコントローラと同じバージョンの ONTAP 9 がインストールされていない場合は、新しいコントローラをネットブートする必要があります。新しいコントローラをそれぞれ取り付けたら、 Web サーバに保存されている ONTAP 9 イメージからシステムをブートします。その後、以降のシステムブートで使用するブートメディアデバイスに正しいファイルをダウンロードできます。

手順
  1. を参照してください "参考資料" ネットアップサポートサイトへのリンクをクリックして、システムのネットブートの実行に使用するファイルをダウンロードします。

  2. [netboot_t2_step2] ネットアップサポートサイトのソフトウェアダウンロードセクションから適切な ONTAP ソフトウェアをダウンロードし、「 ONTAP_version_image.tgz 」ファイルを Web にアクセスできるディレクトリに保存します。

  3. Web にアクセスできるディレクトリに移動し、必要なファイルが利用可能であることを確認します。

  4. ディレクトリの一覧に「 ONTAP_version_image.tgz 」が含まれている必要があります。

  5. 次のいずれかを実行してネットブート接続を設定します。

    メモ ネットブート接続として管理ポートおよび IP を使用する必要があります。アップグレードの実行中にデータ LIF IP を使用しないでください。データ LIF が停止する可能性があります。
    動的ホスト構成プロトコル( DHCP )の状態 作業

    実行中です

    ブート環境プロンプトで次のコマンドを使用して、自動的に接続を設定します。 ifconfig e0M -auto

    実行されていません

    ブート環境プロンプトで次のコマンドを使用して、接続を手動で設定します。
    ifconfig e0M -addr=filer_addr -mask=netmask -gw=gateway -dns=dns_addr -domain=dns_domain

    filer_addr は、ストレージシステムのIPアドレスです(必須)。
    netmask は、ストレージシステムのネットワークマスクです(必須)。
    gateway は、ストレージシステムのゲートウェイです(必須)。
    dns_addr は、ネットワーク上のネームサーバのIPアドレスです(オプション)。
    dns_domain は、Domain Name Service(DNS;ドメインネームサービス)ドメイン名です(オプション)。

    メモ インターフェイスによっては、その他のパラメータが必要になる場合もあります。ファームウェア・プロンプトで「 help ifconfig 」と入力すると、詳細が表示されます。
  6. node2 でネットブートを実行します。

    netboot\http://web_server_ip/path_to_web_accessible_directory/netboot/kernel`

    メモ トランクを中断しないでください。
  7. 交換用コントローラモジュールでnode2がブートし、ブートメニューオプションが表示されるまで待ちます(次の出力を参照)。

    Please choose one of the following:
    
    (1)  Normal Boot.
    (2)  Boot without /etc/rc.
    (3)  Change password.
    (4)  Clean configuration and initialize all disks.
    (5)  Maintenance mode boot.
    (6)  Update flash from backup config.
    (7)  Install new software first.
    (8)  Reboot node.
    (9)  Configure Advanced Drive Partitioning.
    (10) Set Onboard Key Manager recovery secrets.
    (11) Configure node for external key management.
    Selection (1-11)?
  8. 起動メニューからオプション( 7 ) Install new software first (新しいソフトウェアを最初にインストール)を選択します。

    このメニューオプションを選択すると、新しい ONTAP イメージがブートデバイスにダウンロードおよびインストールされます。

    次のメッセージは無視してください。

    This procedure is not supported for Non-Disruptive Upgrade on an HA pair

    環境の無停止の ONTAP ソフトウェアアップグレード。コントローラのアップグレードは含まれません。

    メモ 新しいノードを希望するイメージに更新する場合は、必ずネットブートを使用してください。別の方法で新しいコントローラにイメージをインストールした場合、正しいイメージがインストールされないことがあります。この問題環境 All ONTAP リリースオプションを指定してネットブート手順 を実行する (7) Install new software ブートメディアを消去して、両方のイメージパーティションに同じONTAP バージョンを配置します。
  9. 手順を続行するかどうかを確認するメッセージが表示されたら 'y' と入力し ' パッケージの入力を求められたら 'URL:\http://web_server_ip/path_to_web-accessible_directory/ontap_version_image.tgz` と入力します

    「 path_to_the_web-accessible_directory 」は、「 ONTAP_version_image.tgz 」をダウンロードした場所を指します 手順 2

  10. 次の手順を実行してコントローラモジュールをリブートします。

    1. 次のプロンプトが表示されたら 'n' を入力してバックアップ・リカバリをスキップします

      Do you want to restore the backup configuration now? {y|n}
    2. 次のプロンプトが表示されたら 'y' と入力して再起動します

      The node must be rebooted to start using the newly installed software. Do you want to reboot now? {y|n}

      コントローラモジュールはリブートしますが、ブートメニューで停止します。これは、ブートデバイスが再フォーマットされたことにより、構成データをリストアする必要があるためです。

  11. プロンプトで「 wipeconfig 」コマンドを実行して、ブートメディア上の以前の設定をクリアします。

    1. 次のメッセージが表示されたら、回答は「はい」を選択します。

      This will delete critical system configuration, including cluster membership.
      Warning: do not run this option on a HA node that has been taken over.
      Are you sure you want to continue?:
    2. ノードがリブートして「 wipeconfig 」を終了し、ブートメニューで停止します。

  12. ブート・メニューからメンテナンス・モード「 5 」を選択し、ブートを続行するように求めるプロンプトが表示されたら「 y 」と入力します。

  13. コントローラとシャーシが「 HA 」として構成されていることを確認します。

    「 ha-config show 」

    次に 'ha-config show コマンドの出力例を示します

    Chassis HA configuration: ha
    Controller HA configuration: ha
  14. コントローラとシャーシが「 ha 」として設定されていない場合は、次のコマンドを使用して設定を修正します。

    「 ha-config modify controller ha 」を参照してください

    「 ha-config modify chassis ha 」を参照してください

  15. ノード 2 を停止します。

    「 halt 」

    node2 で LOADER プロンプトが停止します。

  16. ノード1で、システムの日付、時刻、およびタイムゾーンを確認します。

    「食事」

  17. node2 で、ブート環境のプロンプトで次のコマンドを使用して日付を確認します。

    「日付」

  18. 必要に応じて、 node2 で日付を設定します。

    'set date_mm/dd/yyyy_`

    メモ node2 で対応する UTC 日付を設定します。
  19. node2 で、ブート環境のプロンプトで次のコマンドを使用して時刻を確認します。

    「時間」

  20. 必要に応じて、 node2 で時刻を設定します。

    'set time_hh:mm:ss_`

    メモ node2 で対応する UTC 時間を設定します。
  21. node2にパートナーシステムIDを設定します。

    setENV partner-sysid_node1_sysid_`

    node2の場合、 partner-sysid アップグレードするノード1のノード1である必要があります。

    1. 設定を保存します。

      'aveenv

  22. node2のLOADERプロンプトで、を確認します partner-sysid ノード2の場合:

    printenv partner-sysid