日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アグリゲートの再配置手順を使用するかどうかを決定します

このコンテンツでは、 HA ペアのストレージコントローラを新しいコントローラにアップグレードし、既存のデータとディスクをすべて残す方法について説明します。これは複雑な手順であり、経験豊富な管理者のみが使用する必要があります。

このコンテンツは、次のような状況で使用できます。

  • ONTAP 9.8 以降を実行している。

  • 新しいコントローラを新しい HA ペアとしてクラスタに追加し、ボリューム移動を使用してデータを移行する必要はありません。

  • ONTAP の管理経験があり、 diagnostic 権限モードで作業する場合のリスクが十分にあります。

  • MetroCluster 構成をアップグレードする場合は、 4 ノード以上の FC 構成になり、すべてのノードで ONTAP 9.8 以降が実行されている必要があります。

    MetroCluster IP 構成のアップグレードについては、を参照してください "参考資料" MetroCluster アップグレードおよび Expansion コンテンツにリンクするには、次の手順を実行します。

注記 この手順では、 NetApp Storage Encryption ( NSE )および NetApp Volume Encryption ( NVE )を使用できます。

[[sys_commands _98_supported_systems]] 次の表は、コントローラのアップグレードでサポートされるモデルマトリックスを示しています。

古いコントローラ 交換用コントローラ

FAS8020 、 FAS8040 、 FAS8060 、 FAS8080

FAS8200 、 FAS8300 、 FAS8700 、 FAS9000

AFF8020 、 AFF8040 、 AFF8060 、 AFF8080

AFF A300 、 AFF A400 、 AFF A700 、 AFF A800^1

FAS8200

FAS8700 、 FAS9000 、 FAS8300 3

AFF A300

AFF A700 、 AFF A800^1 ^ 、 AFF A400 3

AFF A320

AFF A400 2

注記 コントローラのアップグレードモデルの組み合わせが上記の表にない場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

^1 AFF A800 システムに必要な追加手順については、セクションの「 A800 」を参照する手順に進んでください "ノード 3 の UTA / UTA2 ポートを確認して設定し、手順 23 を実行します"または "ノード 4 の UTA / UTA2 ポートの確認と設定、手順 23"

2ARL AFF A320 から AFF A400 システムへの自動アップグレードは、 ONTAP 9.9..1 からサポートされています。

3 AFF A300 から AFF A400 または FAS8200 を 2 ノードスイッチレスクラスタ構成で FAS8300 システムにアップグレードする場合は、コントローラのアップグレード用の一時的なクラスタポートを選択する必要があります。AFF A400 および FAS8300 システムは、イーサネットバンドルとして、メザニンカードポートはイーサネットタイプ、 FC タイプの FC バンドルとして、 2 種類の構成で提供されます。

  • AFF A400 または FAS8300 では、イーサネットタイプの構成の場合、 2 つのメザニンポートのいずれかを一時的なクラスタポートとして使用できます。

  • AFF A400 または FC タイプの構成で FAS8300 を使用する場合は、 4 ポートの 10GbE ネットワークインターフェイスカード(パーツ番号 X1147A )を追加して一時的なクラスタポートを提供する必要があります。

  • 一時的なクラスタポートを使用したコントローラのアップグレードが完了したら、クラスタ LIF を無停止で e3a および e3b 、 AFF A400 システムの 100GbE ポート、 FAS8300 システムの e0c および e0d 、 100GbE ポートに移行できます。

コントローラハードウェアを別の方法でアップグレードして、ボリュームの移動を希望する場合は、を参照してください "参考資料" をクリックして、ボリュームまたは storage _ を移動して _ Upgrade にリンクします。

を参照してください "参考資料" から ONTAP 9 ドキュメントセンターにリンクして、 ONTAP 9 製品ドキュメントにアクセスできます。