日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ARL アップグレードの概要

ARL を使用してノードをアップグレードする前に、手順の動作について理解しておく必要があります。このコンテンツでは、手順はいくつかの段階に分かれています。

ノードペアをアップグレードします

ノードペアをアップグレードするには、元のノードを準備し、元のノードと新しいノードの両方で一連の手順を実行する必要があります。その後、元のノードの運用を停止できます。

ARL アップグレードシーケンスの概要

手順では、交換用コントローラハードウェアを使用して元のコントローラハードウェアを一度に 1 台ずつアップグレードし、 HA ペア構成を利用してルート以外のアグリゲートの所有権を切り替えます。すべてのルート以外のアグリゲートで、アップグレード後の正しいノードである最終デスティネーションに到達するために、 2 つの再配置を実行する必要があります。

各アグリゲートにはホーム所有者と現在の所有者があります。ホーム所有者はアグリゲートの実際の所有者であり、現在の所有者は一時的な所有者です。

次の表に、各フェーズで実行するタスクの概要と、そのフェーズの最後で実行したアグリゲートの所有権の状態を示します。詳細な手順については、手順の後半で説明します。

段階 手順

"ステージ 1 :アップグレードを準備"

  1. 事前確認を実行して、処理を実行できることを確認します。

  2. 事前確認が失敗した場合にアグリゲートの所有権を修正

  3. クラスタベースライセンスキーを入力します。

  4. ストレージ暗号化の IP アドレスを取得します。

  5. KMIP サーバを使用して認証を管理します。

  6. オンボードキーマネージャ( OKM )を使用してストレージ暗号化を管理します。

  7. SnapMirror 関係を休止します(オプション)。

ステージ 1 終了時のアグリゲートの所有権:

  • node1 は、 node1 アグリゲートのホーム所有者と現在の所有者です。

  • node2 には、 node2 アグリゲートのホーム所有者と現在の所有者を指定します。

"ステージ 2 :移行してノード 1 を撤去"

  1. ルート以外のアグリゲートを node1 から node2 に再配置します。

  2. ノード 1 が所有する SAN 以外のデータ LIF を node2 に再配置します。

  3. 障害が発生したアグリゲートを再配置するか、

  4. ノード 1 を撤去

  5. netbooting を準備します(オプション)。

ステージ 2 終了時のアグリゲートの所有権:

  • node2 には、 node1 アグリゲートの現在の所有者を指定します。

  • node2 には、 node2 アグリゲートのホーム所有者と現在の所有者を指定します。

"ステージ 3 :node3 をインストールしてブートします"

  1. node3 をインストールしてブートします。

  2. FC または(統合ネットワークアダプタ)の CNA 構成を設定します。

  3. FC ポートを設定

  4. UTA / UTA2 ポートを確認して設定してください。

  5. ノード 3 が正常にインストールされていることを確認

  6. ノード 3 のネットワーク設定をリストアします。

  7. node1 で所有されている SAN 以外のデータ LIF を node2 から node3 に移動します。

  8. node1 で所有されているルート以外のアグリゲートを node2 から node3 に再配置します。

ステージ 3 終了時のアグリゲートの所有権:

  • node3 は、 node1 アグリゲートのホームの所有者であること、および現在の所有者であること。

  • node2 には、 node2 アグリゲートのホーム所有者と現在の所有者を指定します。

"ステージ 4 :ノード 2 の移動と撤去"

  1. ルート以外のアグリゲートを node2 から node3 に再配置します。

  2. node2 によって所有されている SAN 以外のデータ LIF を node3 に再配置します。

  3. ノード 2 を撤去

ステージ 4 終了時のアグリゲートの所有権:

  • node3 は、 node1 に属していたアグリゲートのホーム所有者および現在の所有者です。

  • node2 には、 node2 アグリゲートのホーム所有者を指定します。

  • node3 は、 node2 アグリゲートの現在の所有者です。

"ステージ 5 :ノード 4 をインストールしてブートします"

  1. ノード 4 をインストールしてブートします。

  2. ノード 4 で FC または CNA の設定を行います。

  3. FC ポートを設定

  4. UTA / UTA2 ポートを確認して設定してください。

  5. ノード 4 が正常にインストールされていることを確認

  6. ノード 4 のネットワーク構成をリストアします

  7. node2 によって所有されている SAN 以外のデータ LIF を node3 から node4 に再配置し、 node4 にある SAN LIF を確認します。

ステージ 5 終了時のアグリゲートの所有権:

  • node3 は、 node1 に属していたアグリゲートのホーム所有者および現在の所有者です。

  • node4 は、 node2 に属していたアグリゲートのホーム所有者および現在の所有者です。

"ステージ 6 :アップグレードを完了します"

  1. システムが正しく設定されていることを確認します。

  2. 新しいコントローラモジュールで Storage Encryption をセットアップします。

  3. 新しいコントローラモジュールで NetApp Volume Encryption をセットアップします。

  4. 古いシステムの運用を停止

  5. 必要に応じて NetApp SnapMirror の処理を再開