日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ルート以外のアグリゲートと NAS データ LIF を node2 から node3 に再配置します

node2 を node4 に置き換える前に、 node2 によって所有されているルート以外のアグリゲートを node3 に再配置する必要があります。

前の段階で確認したあとに、 node2 のリソースリリースが自動的に開始されます。ルート以外のアグリゲートと SAN 以外のデータ LIF が node2 から node3 に移行されます。

アップグレード手順の実行中、リモート LIF は SAN LUN へのトラフィックを処理します。アップグレード時にクラスタやサービスの健全性を維持するために、 SAN LIF を移動する必要はありません。

アグリゲートと LIF の移行が完了すると、検証のために処理が一時停止されます。この段階で、ルート以外のアグリゲートと SAN 以外のデータ LIF がすべて node3 に移行されているかどうかを確認する必要があります。

注記 アグリゲートおよび LIF のホーム所有者は変更されません。現在の所有者のみが変更されます。
手順
  1. ルート以外のすべてのアグリゲートがオンラインで、ノード 3 でそれらの状態になっていることを確認します。

    「 storage aggregate show -node node3 -state online -root false 」という 2 つのコマンドを実行します

    次の例は、 node2 のルート以外のアグリゲートがオンラインになっていることを示しています。

    cluster::> storage aggregate show -node node3 state online -root false
    
    Aggregate      Size         Available   Used%   State   #Vols  Nodes  RAID     Status
    ----------     ---------    ---------   ------  -----   -----  ------ -------  ------
    aggr_1         744.9GB      744.8GB      0%     online  5      node2  raid_dp  normal
    aggr_2         825.0GB      825.0GB      0%     online  1      node2  raid_dp  normal
    2 entries were displayed.

    アグリゲートがオフラインになった場合、または node3 で外部になった場合は、各アグリゲートに対して次のコマンドを実行してそれらのアグリゲートをオンラインにします。

    「 storage aggregate online -aggregate <aggr_name>` 」という名前になります

  2. node3 で次のコマンドを実行し、出力を調べて、すべてのボリュームがノード 3 でオンラインになっていることを確認します。

    volume show -node <node3 > -state offline`

    node3 にオフラインのボリュームがある場合は、各ボリュームに対して次のコマンドを実行してそれらのボリュームをオンラインにします。

    'volume online -vserver <vserver_name> -volume <volume_name>`

    このコマンドで使用する '<vserver_name>` は ' 前の volume show コマンドの出力にあります

  3. LIF が正しいポートに移動され、ステータスが「 up 」になっていることを確認します。LIF が 1 つでも停止している場合は、次のコマンドを LIF ごとに 1 回入力して、 LIF の管理ステータスを「 up 」に設定します。

    「 network interface modify -vserver <vserver_name> -lif <lif_name> -home-node <node_name > -status-admin up 」の形式で指定します

  4. データ LIF を現在ホストしているポートが新しいハードウェアに存在しない場合は、ブロードキャストドメインから削除します。

    「 network port broadcast-domain remove-ports 」と入力します

  5. [[Step5] ] 次のコマンドを入力し、出力を調べて、 node2 にデータ LIF が残っていないことを確認します。

    network interface show -curr-node <node2> -role data

  6. インターフェイスグループまたは VLAN が設定されている場合は、次の手順を実行します。

    1. node3 の起動後に node3 に VLAN とインターフェイスグループの情報を再作成できるように、 VLAN とインターフェイスグループの情報を記録します。

    2. インターフェイスグループから VLAN を削除します。

      「 network port vlan delete -node <nodename> -port <ifgrp> -vlan-id <vlan_ID> 」のように指定します

    3. 次のコマンドを入力し、ノードに設定されているインターフェイスグループがないかどうかを確認します。

      「 network port ifgrp show -node <node2> -ifgrp <ifgrp_name> -instance 」の形式で指定します

      次の例に示すように、ノードのインターフェイスグループ情報が表示されます。

    cluster::> network port ifgrp show -node node2 -ifgrp a0a -instance
                     Node: node3
     Interface Group Name: a0a
    Distribution Function: ip
            Create Policy: multimode_lacp
              MAC Address: 02:a0:98:17:dc:d4
       Port Participation: partial
            Network Ports: e2c, e2d
                 Up Ports: e2c
               Down Ports: e2d
    1. ノードにインターフェイスグループが設定されている場合は、それらのグループの名前とグループに割り当てられているポートを記録し、ポートごとに次のコマンドを 1 回入力してポートを削除します。

      「 network port ifgrp remove-port -node <nodename> -ifgrp <ifgrp_name> -port <netport> 」のようになります