日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

RCF ファイルを適用し、スイッチを再接続します

新しいノードに合わせてスイッチを再設定するには、適切なリファレンス構成ファイル( RCF )を適用する必要があります。RCF を適用したら、スイッチを再接続できます。

RCF を使用するためには、 FC スイッチポートの用途がファブリック接続 MetroCluster インストールおよび設定コンテンツに記載されている用途と同じである必要があります。に進みます "参考資料" ファブリック接続 MetroCluster インストールおよびコンフィギュレーションコンテンツにリンクするには、次の手順を実行します。

手順
  1. にアクセスします "MetroCluster の RCF ダウンロード" ページで、スイッチ構成用の RCF を選択します。

    使用しているスイッチモデルに対応した RCF を使用する必要があります。

  2. FC スイッチの RCF をインストールするには、使用しているスイッチモデルに一致する手順 を選択し、インストール手順に従います。

  3. スイッチの設定が保存されたことを確認します。

  4. で作成したケーブルレイアウトを使用して、両方の FC-to-SAS ブリッジを FC スイッチにケーブル接続します "新しいケーブルレイアウトを決定します"

  5. ポートがオンラインであることを確認します。

    • Brocade スイッチの場合は 'witchshow' コマンドを使用します

    • Cisco スイッチの場合は、 show ’ interface brief ’コマンドを使用します。

  6. コントローラの FC-VI ポートとスイッチをケーブル接続します。

  7. 既存のノードから、 FC-VI ポートがオンラインであることを確認します。

    MetroCluster インターコネクト・アダプタ・ショー

    MetroCluster interconnect mirror show