日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

node1 で所有されている NAS データ LIF を node2 に移動します

ノード 1 をノード 3 に交換する前に、 2 ノードクラスタの場合はノード 1 で所有されている NAS データ LIF をノード 2 に、クラスタに 3 つ以上のノードがある場合はノード 3 に移動する必要があります。使用する方法は、クラスタが NAS 用に設定されているか SAN 用に設定されているかによって異なります。

アップグレード手順の実行中、リモート LIF は SAN LUN へのトラフィックを処理します。アップグレード時にクラスタやサービスの健全性を維持するために、 SAN LIF を移動する必要はありません。ノード 3 をオンラインにしたあと、 LIF が正常に機能しており、適切なポートに配置されていることを確認する必要があります。

手順
  1. 次のコマンドを入力し、出力をキャプチャして、 node1 でホストされているすべての NAS データ LIF を表示します。

    'network interface show -data-protocol nfs|cifs -curr-node node1

    次の例のように、 node1 に NAS データ LIF が表示されます。

     cluster::> network interface show -data-protocol nfs|cifs -curr-node node1
    
              Logical     Status      Network             Current   Current Is
     Vserver  Interface   Admin/Oper  Address/Mask        Node      Port    Home
     -------- ----------  ----------  ------------------  --------- ------- ----
     vs0
              a0a         up/down     10.63.0.53/24       node1     a0a     true
              data1       up/up       10.63.0.50/18       node1     e0c     true
              rads1       up/up       10.63.0.51/18       node1     e1a     true
              rads2       up/down     10.63.0.52/24       node1     e1b     true
     vs1
              lif1        up/up       192.17.176.120/24   node1     e0c     true
              lif2        up/up       172.17.176.121/24   node1     e1a     true
  2. 次のいずれかを実行します。

    ノード 1 の状況 作業

    VLAN のインターフェイスグループが設定されている

    に進みます 手順 3

    インターフェイスグループまたは VLAN が設定されていない

    手順 3 を省略して、に進みます 手順 4

    「 network port vlan show 」コマンドを使用して、 VLAN に接続されたネットワークポートに関する情報を表示し、「 network port ifgrp show 」コマンドを使用してポートインターフェイスグループに関する情報を表示します。

  3. [man_move_lif_1_2_step3] 次の手順を実行して、 node1 のインターフェイスグループおよび VLAN でホストされている NAS データ LIF を移行します。

    1. [man_move_lif_1_2_substpa ] インターフェイスグループおよび node1 の VLAN でホストされている LIF を、インターフェイスグループと同じネットワーク上の LIF をホストできる node2 のポートに移行します。そのためには、各 LIF に対して次のコマンドを 1 回入力します。

      network interface migrate -vserver Vserver_name -lif LIF_name -destination-node node2 – destination-port netport | ifgrp`

    2. で、 LIF および VLAN のホームポートとホームノードを変更します 手順 a LIF をホストしているポートとノードに対して次のコマンドを 1 回入力します。

      network interface modify -vserver Vserver_name -lif LIF_name -home-node node2 -home-port netport | ifgrp`

  4. [man_move_lif_1_2_step4] 次のいずれかの操作を実行します

    クラスタの設定対象 作業

    NAS

    - 完了しました 手順 5 から 手順 8

    SAN

    ノード上のすべての SAN LIF を無効にしてアップグレード用にダウンにします。「 network interface modify -vserver Vserver -name -lif lif_name -home-node node_name -home-port netport

  5. [[man_move_lif_1_2_step5] 各データ LIF に対して次のコマンドを 1 回入力して、 NAS データ LIF を node1 から node2 に移行します。

    network interface migrate -vserver Vserver -name -lif lif_name -destination -node node2 -destination-port data_port

  6. [[step6] ] 次のコマンドを入力し、その出力を調べて、 LIF が正しいポートに移動されていること、およびいずれかのノードで次のコマンドを入力して LIF のステータスが up になっていることを確認します。

    network interface show -curr-node node2 -data-protocol nfs|cifs

  7. [[step7] 次のコマンドを入力して、移行された LIF のホームノードを変更します。

    network interface modify -vserver Vserver -name -lif lif_name -home-node node2 -home-port port_name

  8. [man_move_lif_1_2_step8] LIF がホームまたは現在のポートとして使用しているかどうかを確認しますポートがホームでない場合や現在のポートでない場合は、に進みます 手順 9

    「 network interface show -home-node node2 -home-port port_name 」の略

    network interface show -curr-node node_name -curr-node node_name -curr-node port_name ポート port_name

  9. [man_move_lif_1_2_step9] LIF がホームポートまたは現在のポートとしてポートを使用している場合は、別のポートを使用するように LIF を変更します。

    「 network interface migrate -vserver Vserver -name -lif lif_name -destination – node node_name -destination -port port_name

    network interface modify -vserver Vserver_name -lif LIF_name -home-node node_name -home-port port_name

  10. [[step10] ] 現在ホストしているデータ LIF をホストしているポートが新しいハードウェアに存在しないようにする場合は、すぐにブロードキャストドメインから削除します。

    「 network port broadcast-domain remove-ports -ipspace default-broadcast-domain default-ports node: port 」というメッセージが表示されます

  11. いずれかの LIF が停止している場合は、各 LIF に対して次のコマンドを 1 回入力して、 LIF の管理ステータスを「 up 」に設定します。

    network interface modify -vserver Vserver_name -lif LIF_name -home-node nodename -status-admin up です

    注記 MetroCluster 構成では、ポートのブロードキャストドメインを変更できない場合があります。これは、ポートがデスティネーション Storage Virtual Machine ( SVM )の LIF をホストしているポートに関連付けられているためです。デスティネーション LIF を適切なポートに再割り当てするには、リモートサイトの対応するソース SVM で次のコマンドを入力します。「 MetroCluster vserver resync -vserver Vserver_name
  12. 次のコマンドを入力し、その出力を調べて、 node1 にデータ LIF が残っていないことを確認します。

    network interface show -curr-node node1 -role data

  13. インターフェイスグループまたは VLAN が設定されている場合は、次の手順を実行します。

    1. 次のコマンドを入力して、インターフェイスグループから VLAN を削除します。

      「 network port vlan delete -node nodename -port ifgrp_name -vlan-id vlan_ID` 」の形式で指定します

    2. 次のコマンドを入力し、その出力を調べて、ノードにインターフェイスグループが設定されているかどうかを確認します。

      「 network port ifgrp show -node <nodename> -ifgrp <ifgrp_name> -instance 」の形式で指定します

      次の例に示すように、ノードのインターフェイスグループ情報が表示されます。

      cluster::> network port ifgrp show -node node1 -ifgrp a0a -instance
                       Node: node1
       Interface Group Name: a0a
      Distribution Function: ip
              Create Policy: multimode_lacp
                MAC Address: 02:a0:98:17:dc:d4
         Port Participation: partial
              Network Ports: e2c, e2d
                   Up Ports: e2c
                 Down Ports: e2d
    1. ノードにインターフェイスグループが設定されている場合は、それらのグループの名前とグループに割り当てられているポートを記録し、ポートごとに次のコマンドを 1 回入力してポートを削除します。

      「 network port ifgrp remove-port -node <nodename> -ifgrp <ifgrp_name> -port <netport> 」のようになります