日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

node2 によって所有されている NAS データ LIF を node3 から node4 に移動し、 node4 にある SAN LIF を確認します

ノード 4 のインストールの確認が完了し、ノード 2 のアグリゲートをノード 3 からノード 4 に再配置する前に、現在ノード 3 にある node2 に所有されている NAS データ LIF をノード 4 に移動する必要があります。ノード 4 の SAN LIF も確認する必要があります。

アップグレード手順の実行中、リモート LIF は SAN LUN へのトラフィックを処理します。アップグレード時にクラスタやサービスの健全性を維持するために、 SAN LIF を移動する必要はありません。SAN LIF は、新しいポートにマッピングする必要がないかぎり移動されません。ノード 4 をオンラインにしたあと、 LIF が正常に機能しており、適切なポートに配置されていることを確認します。

手順
  1. node3 が所有していないすべての NAS データ LIF を表示するには、いずれかのノードで次のコマンドを入力し、出力をキャプチャします。

    network interface show -role data -curr-node node3 -is-home false

  2. [[worksheet _step2_node2]] クラスタが SAN LIF 用に構成されている場合は、 SAN LIF と既存の構成情報をこのに記録します "ワークシート" 手順 の後半で使用します。

    1. ノード 3 の SAN LIF を一覧表示し、出力を確認します。

      「 network interface show -data-protocol fc * 」を参照してください

      次の例のような出力が返されます。

      cluster1::> net int show -data-protocol fc*
        (network interface show)
                   Logical     Status     Network            Current        Current Is
      Vserver      Interface   Admin/Oper Address/Mask       Node           Port    Home
      -----------  ----------  ---------- ------------------ -------------  ------- ----
      svm2_cluster1
                   lif_svm2_cluster1_340
                               up/up      20:02:00:50:56:b0:39:99
                                                             cluster1-01    1b      true
                   lif_svm2_cluster1_398
                               up/up      20:03:00:50:56:b0:39:99
                                                             cluster1-02    1a      true
                   lif_svm2_cluster1_691
                               up/up      20:01:00:50:56:b0:39:99
                                                             cluster1-01    1a      true
                   lif_svm2_cluster1_925
                               up/up      20:04:00:50:56:b0:39:99
                                                             cluster1-02    1b      true
      4 entries were displayed.
    2. 既存の設定を表示し、出力を確認します。

      「 fcp adapter show -fields switch-port 、 fc-wwpn 」と入力します

      次の例のような出力が返されます。

    cluster1::> fcp adapter show -fields switch-port,fc-wwpn
      (network fcp adapter show)
    node         adapter  fc-wwpn                  switch-port
    -----------  -------  -----------------------  -------------
    cluster1-01  0a       50:0a:09:82:9c:13:38:00  ACME Switch:0
    cluster1-01  0b       50:0a:09:82:9c:13:38:01  ACME Switch:1
    cluster1-01  0c       50:0a:09:82:9c:13:38:02  ACME Switch:2
    cluster1-01  0d       50:0a:09:82:9c:13:38:03  ACME Switch:3
    cluster1-01  0e       50:0a:09:82:9c:13:38:04  ACME Switch:4
    cluster1-01  0f       50:0a:09:82:9c:13:38:05  ACME Switch:5
    cluster1-01  1a       50:0a:09:82:9c:13:38:06  ACME Switch:6
    cluster1-01  1b       50:0a:09:82:9c:13:38:07  ACME Switch:7
    cluster1-02  0a       50:0a:09:82:9c:6c:36:00  ACME Switch:0
    cluster1-02  0b       50:0a:09:82:9c:6c:36:01  ACME Switch:1
    cluster1-02  0c       50:0a:09:82:9c:6c:36:02  ACME Switch:2
    cluster1-02  0d       50:0a:09:82:9c:6c:36:03  ACME Switch:3
    cluster1-02  0e       50:0a:09:82:9c:6c:36:04  ACME Switch:4
    cluster1-02  0f       50:0a:09:82:9c:6c:36:05  ACME Switch:5
    cluster1-02  1a       50:0a:09:82:9c:6c:36:06  ACME Switch:6
    cluster1-02  1b       50:0a:09:82:9c:6c:36:07  ACME Switch:7
    16 entries were displayed
  3. 次のいずれかを実行します。

    ノード 2 の条件 説明

    インターフェイスグループまたは VLAN が設定されている

    に進みます 手順 4

    インターフェイスグループまたは VLAN が設定されていません

    手順 4 を省略して、に進みます 手順 5

  4. [man_lif_verify_4_Step3] インターフェイスグループおよび VLAN でホストされている NAS データ LIF をノード 3 からノード 4 にすべて移行するには、次の手順を実行します。

    1. インターフェイスグループ上の node2 に属していた node3 でホストされている LIF を、同じネットワーク上の LIF をホストできる node4 のポートに移行するには、それぞれの LIF に対して 1 回、次のコマンドを入力します。

      network interface migrate -vserver vserver_name -lif lif_name -destination -node node4 – destination-port netport | ifgrp`

    2. LIF のホームポートとホームノードを変更します 手順 a LIF をホストしているポートとノードに対して次のコマンドを 1 回入力します。

      network interface modify -vserver vserver_name -lif datalif_name -home-node node4 home-port netport | ifgrp`

    3. [man_lif_verify_4_substpc ]] VLAN ポート上の node2 に属していた node3 でホストされている LIF を、同じネットワーク上の LIF をホストできる node4 のポートに移行するには、それぞれの LIF に対して 1 回、次のコマンドを入力します。

      network interface migrate -vserver vserver_name -lif datalif_name -destination-node node4 – destination-port netport | ifgrp`

    4. LIF のホームポートとホームノードを変更します サブステップ c LIF をホストしているポートとノードに対して次のコマンドを 1 回入力します。

      network interface modify -vserver vserver_name -lif datalif_name -home-node node4 home-port netport | ifgrp`

  5. 次のいずれかの操作を行います。

    クラスタの設定対象 作業

    NAS

    - 完了しました 手順 6 から 手順 9をクリックして、手順 10 をスキップして完了します 手順 11 から 手順 14

    SAN

    手順 6~9 をスキップして完了します 手順 10 から 手順 14

    NAS と SAN の両方

    - 完了しました 手順 6 から 手順 14

  6. [man_lif_verify_4_Step5] プラットフォームで同じでないデータポートがある場合は、次のコマンドを入力してブロードキャストドメインにポートを追加します。

    「 network port broadcast-domain add-ports -ipspace IPspace_name -broadcast-domain mgmt ports node : port 」のように指定します

    次の例は、 IPspace デフォルトで、ノード「 6280 」のポート「 e0a 」とノード「 8060-1 」のポート「 e0i 」をブロードキャストドメイン管理に追加します。

    cluster::> network port broadcast-domain add-ports -ipspace Default  -broadcast-domain mgmt -ports 6280-1:e0a, 8060-1:e0i
  7. 各 NAS データ LIF について次のコマンドを 1 回入力して、各 NAS データ LIF を node4 に移行します。

    network interface migrate -vserver vserver-name -lif datalif -name-destination-node node4 -destination-port netport | ifgrp-home-node node4 ’

  8. データ移行が永続的であることを確認します。

    network interface modify -vserver vserver_name -lif datalif_name -home-port netport | ifgrp`

  9. [man_lif_verify_4_Step8] 次のコマンドを入力して ' すべてのリンクのステータスを up で確認し ' すべてのネットワーク・ポートの一覧を表示し ' その出力を調べます

    「 network port show 」のように表示されます

    次に、一部の LIF が稼働し、その他が停止している「 network port show 」コマンドの出力例を示します。

    cluster::> network port show
                                                                 Speed (Mbps)
    Node   Port      IPspace      Broadcast Domain Link   MTU    Admin/Oper
    ------ --------- ------------ ---------------- ----- ------- -----------
    node3
           a0a       Default      -                up       1500  auto/1000
           e0M       Default      172.17.178.19/24 up       1500  auto/100
           e0a       Default      -                up       1500  auto/1000
           e0a-1     Default      172.17.178.19/24 up       1500  auto/1000
           e0b       Default      -                up       1500  auto/1000
           e1a       Cluster      Cluster          up       9000  auto/10000
           e1b       Cluster      Cluster          up       9000  auto/10000
    node4
           e0M       Default      172.17.178.19/24 up       1500  auto/100
           e0a       Default      172.17.178.19/24 up       1500  auto/1000
           e0b       Default      -                up       1500  auto/1000
           e1a       Cluster      Cluster          up       9000  auto/10000
           e1b       Cluster      Cluster          up       9000  auto/10000
    12 entries were displayed.
  10. [man_lif_verify_4_Step9] 'network port show コマンドの出力に新しいノードでは使用できず ' 古いノードに存在するネットワーク・ポートが表示される場合は ' 次の手順を実行して古いネットワーク・ポートを削除します

    1. 次のコマンドを入力して、 advanced 権限レベルに切り替えます。

      「 advanced 」の権限が必要です

    2. 古いネットワークポートごとに次のコマンドを 1 回入力します。

      'network port delete -node <node_name > -port <port_name> ’

    3. 次のコマンドを入力して、 admin レベルに戻ります。

      「特権管理者」

  11. [[man_lif_verify_4_Step10] ] 次の手順を実行して、ノード 4 の正しいポートに SAN LIF があることを確認します。

    1. 次のコマンドを入力し、出力を確認します。

      'network interface show -data-protocol iscsi|fcp-home-node node4

      次の例のような出力が返されます。

      cluster::> network interface show -data-protocol iscsi|fcp -home-node node4
                  Logical    Status     Network            Current       Current Is
      Vserver     Interface  Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
      ----------- ---------- ---------- ------------------ ------------- ------- ----
      vs0
                  a0a          up/down  10.63.0.53/24      node4         a0a     true
                  data1        up/up    10.63.0.50/18      node4         e0c     true
                  rads1        up/up    10.63.0.51/18      node4         e1a     true
                  rads2        up/down  10.63.0.52/24      node4         e1b     true
      vs1
                  lif1         up/up    172.17.176.120/24  node4         e0c     true
                  lif2         up/up    172.17.176.121/24  node4
    2. 新しい「 adapter 」および「 switch-port 」の設定が正しいことを確認するには、「 fcp adapter show 」コマンドの出力と、のワークシートに記録した新しい設定情報を比較します 手順 2

      ノード 4 の新しい SAN LIF の設定を表示します。

      「 fcp adapter show -fields switch-port 、 fc-wwpn 」と入力します

      次の例のような出力が返されます。

      cluster1::> fcp adapter show -fields switch-port,fc-wwpn
        (network fcp adapter show)
      node         adapter  fc-wwpn                  switch-port
      -----------  -------  -----------------------  -------------
      cluster1-01  0a       50:0a:09:82:9c:13:38:00  ACME Switch:0
      cluster1-01  0b       50:0a:09:82:9c:13:38:01  ACME Switch:1
      cluster1-01  0c       50:0a:09:82:9c:13:38:02  ACME Switch:2
      cluster1-01  0d       50:0a:09:82:9c:13:38:03  ACME Switch:3
      cluster1-01  0e       50:0a:09:82:9c:13:38:04  ACME Switch:4
      cluster1-01  0f       50:0a:09:82:9c:13:38:05  ACME Switch:5
      cluster1-01  1a       50:0a:09:82:9c:13:38:06  ACME Switch:6
      cluster1-01  1b       50:0a:09:82:9c:13:38:07  ACME Switch:7
      cluster1-02  0a       50:0a:09:82:9c:6c:36:00  ACME Switch:0
      cluster1-02  0b       50:0a:09:82:9c:6c:36:01  ACME Switch:1
      cluster1-02  0c       50:0a:09:82:9c:6c:36:02  ACME Switch:2
      cluster1-02  0d       50:0a:09:82:9c:6c:36:03  ACME Switch:3
      cluster1-02  0e       50:0a:09:82:9c:6c:36:04  ACME Switch:4
      cluster1-02  0f       50:0a:09:82:9c:6c:36:05  ACME Switch:5
      cluster1-02  1a       50:0a:09:82:9c:6c:36:06  ACME Switch:6
      cluster1-02  1b       50:0a:09:82:9c:6c:36:07  ACME Switch:7
      16 entries were displayed
      注記 新しい構成の SAN LIF が同じ「 switch-port 」に接続されたアダプタ上にない場合、ノードをリブートすると原因 がシステム停止状態になる可能性があります。
    3. ノード 4 に、ノード 2 に存在しないポート上に SAN LIF または SAN LIF のグループがある場合は、次のいずれかのコマンドを入力して、ノード 4 の適切なポートにそれらの LIF またはグループを移動します。

      1. LIF のステータスを down に設定します。

        「 network interface modify -vserver <vserver_name> -lif <LIF_NAME> -status-admin down 」という形式で指定します

      2. ポートセットから LIF を削除します。

        `portset remove -vserver <vserver_name> -portset <portset_name> -port-name <port_name> の形式で指定します

      3. 次のいずれかのコマンドを入力します。

        • 1 つの LIF を移動します。

          「 network interface modify -lif lif_name -home-node new_home_port 」です

        • 存在しない、または間違ったポート上のすべての LIF を新しいポートに移動します。

          「 network interface modify { -home-node port_on_node2 -home-node node2 -home-node node2 -role data } -home-port new_home_port_on_node4 」というコマンドを使用します

        • LIF をポートセットに再度追加します。

          `portset add -vserver <vserver_name> -portset <portset_name> -port-name <port_name> の形式で指定します

    注記 SAN LIF は、元のポートとリンク速度が同じポートに移動する必要があります。
  12. 次のコマンドを入力して、すべての LIF のステータスを「 up 」に変更し、ノード上のトラフィックを LIF が受け入れて送信できるようにします。

    network interface modify -vserver vserver_name -home-port port_name -home-node node4 lif lif_name -status-admin up です

  13. いずれかのノードで次のコマンドを入力し、出力を調べて、すべての SAN LIF が正しいポートに移動されていること、および LIF のステータスが「 up 」になっていることを確認します。

    'network interface show -home-node <node4 > -role data

  14. LIF が 1 つでも停止している場合は、各 LIF に対して次のコマンドを 1 回入力して、 LIF の管理ステータスを「 up 」に設定します。

    「 network interface modify -vserver <vserver_name> -lif <lif_name> -status-admin up 」の形式で指定します