日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ルート以外のアグリゲートを node1 から node2 に再配置します。

ノード 1 をノード 3 に交換する前に、 storage aggregate relocation コマンドを使用してルート以外のアグリゲートをノード 1 からノード 2 に移動し、再配置を確認する必要があります。

手順
  1. [[step1] 次の手順を実行して、ルート以外のアグリゲートを再配置します。

    1. 権限レベルを advanced に設定します。

      「 advanced 」の権限が必要です

    2. 次のコマンドを入力します。

      「 storage aggregate relocation start -node <node1> -destination <node2> -aggregate-list * -nd-controller-upgrade true

    3. プロンプトが表示されたら、「 y 」と入力します。

      再配置はバックグラウンドで実行されます。アグリゲートの再配置には数秒から数分かかる場合があります。この時間には、クライアントの停止部分と停止部分の両方が含まれます。このコマンドでは、オフラインまたは制限されたアグリゲートが再配置されません。

    4. 次のコマンドを入力して、 admin レベルに戻ります。

      「特権管理者」

  2. ノード 1 で次のコマンドを入力して、再配置ステータスを確認します。

    「 storage aggregate relocation show -node node1 」を参照してください

    アグリゲートが再配置されると、そのアグリゲートに対しては「 1 」と表示されます。

    注記 ノード 1 に所有されているルート以外のアグリゲートがすべて node2 に再配置されてから、次の手順に進みます。
  3. 次のいずれかを実行します。

    再配置の場合 作業

    すべてのアグリゲートのすべてが完了しました

    に進みます 手順 4

    いずれかのアグリゲートに障害が発生するか、または拒否されます

    1. EMS ログで対処方法を確認します。

    2. 対処方法を実行します。

    3. 障害が発生したアグリゲートまたは拒否したアグリゲートを再配置します。「 storage aggregate relocation start -node <node1> -destination <node2> -aggregate-list * -nd-controller-upgrade true 」

    4. プロンプトが表示されたら、「 y 」と入力します。

    5. admin レベルに戻ります。必要に応じて、次のいずれかの方法で強制的に再配置を実行できます。

      • 拒否のチェックを無視:「 storage aggregate relocation start -override-vetoes true -nd-controller-upgrade

      • デスティネーションのチェックを無効にします。「 storage aggregate relocation start -override-destination-checks true -nd-controller-upgrade

    を参照してください "参考資料" CLI の _content および ONTAP 9 コマンド:マニュアル・ページ・リファレンスで、ストレージ・アグリゲートの再配置コマンドの詳細を確認するには、 _ ディスクおよびアグリゲートの管理にリンクしてください。

  4. [man_relocate_1_2_step4] ルート以外のすべてのアグリゲートがオンラインであり、 node2 にあるそれらの状態を確認します。

    「 storage aggregate show -node <node2> -state online -root false 」のように表示されます

    次の例は、 node2 のルート以外のアグリゲートがオンラインになっていることを示しています。

    cluster::> storage aggregate show -node node2 state online -root false
    Aggregate     Size Available Used% State   #Vols  Nodes            RAID Status
    --------- -------- --------- ----- ------- ------ ---------------- ------------
    aggr_1
               744.9GB 744.8GB      0% online       5 node2            raid_dp,
                                                                       normal
    aggr_2     825.0GB 825.0GB      0% online       1 node2            raid_dp,
                                                                       normal
    2 entries were displayed.

    アグリゲートがオフラインになった場合、または node2 で外部になった場合は、各アグリゲートに対して 1 回、 node2 で次のコマンドを使用してアグリゲートをオンラインにします。

    「 storage aggregate online -aggregate <aggr_name>` 」という名前になります

  5. node2 で次のコマンドを入力し、出力を調べて、すべてのボリュームがオンラインであることを確認します。

    volume show -node <node2> -state offline`

    node2 上にオフラインのボリュームがある場合は、各ボリュームに対して 1 回、 node2 で次のコマンドを使用してオンラインにします。

    'volume online -vserver <vserver-name> -volume <volume-name>`

    このコマンドで使用する「 vserver -name 」は、前の「 volume show 」コマンドの出力にあります。

  6. node2 で次のコマンドを入力します。

    「 storage failover show -node node2 」

    出力に次のメッセージが表示されます。

    Node owns partner's aggregates as part of the nondisruptive controller upgrade procedure.
  7. node1 のルート以外のアグリゲートがオンラインになっていないことを確認します。

    「 storage aggregate show-owner-name <node1> -ha-policy sfo-state online 」のように表示されます

    出力には、すでに node2 に再配置されているオンラインのルート以外のアグリゲートは表示されません。