日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ルート以外のアグリゲートを node2 から node3 に再配置します。

node2 を node4 に置き換える前に、 node2 の AutoSupport メッセージを送信し、 node2 に所有されているルート以外のアグリゲートを node3 に再配置する必要があります。

手順
  1. [[step1] node2 に関する AutoSupport メッセージをネットアップに送信します。

    「 system node AutoSupport invoke -node node2 -type all -message 」「 Upgrading node2 from platform_old to platform_new 」というメッセージが表示されます

  2. AutoSupport メッセージが送信されたことを確認します。

    「 system node AutoSupport show -node <node2> -instance 」のように表示されます

    「 Last Subject Sent :」および「 Last Time Sent :」のフィールドには、最後に送信されたメッセージのメッセージタイトルと、メッセージが送信された時刻が含まれています。

  3. ルート以外のアグリゲートの再配置:

    1. 権限レベルを advanced に設定します。

      「 advanced 」の権限が必要です

    2. node2 が所有するアグリゲートを表示します。

      「 storage aggregate show-owner-name node2 」

    3. アグリゲートの再配置を開始する:

      「 storage aggregate relocation start -node <node2> -destination <node3> -aggregate-list * -nd-controller-upgrade true

    注記 コマンドは、ルート以外のアグリゲートのみを特定します。
    1. プロンプトが表示されたら、「 y 」と入力します。

      再配置はバックグラウンドで実行されます。アグリゲートの再配置には数秒から数分かかる場合があります。この時間には、クライアントの停止部分と停止部分の両方が含まれます。このコマンドでは、オフラインまたは制限されたアグリゲートが再配置されません。

    2. admin 権限レベルに戻ります。

      「特権管理者」

  4. node2 の再配置のステータスを確認します。

    「 storage aggregate relocation show -node node2 」を参照してください

    アグリゲートを再配置すると、そのアグリゲートの出力に「 Done 」と表示されます。

    注記 node2 に所有されているすべてのアグリゲートが node3 に再配置されてから次の手順に進む必要があります。
  5. 次のいずれかを実行します。

    再配置する対象 作業

    すべてのアグリゲートが完了しました

    に進みます 手順 6

    アグリゲートに障害が発生したか、拒否された

    1. 詳細なステータスメッセージを表示します。

      「 storage aggregate show -instance 」のように表示されます

      EMS ログで必要な対処方法を確認することもできます。

      • 注意 *:event log show コマンドは、発生したエラーを一覧表示します。

    2. 対処方法を実行します。

    3. 権限レベルを advanced に設定します。

      「 advanced 」の権限が必要です

    4. 障害が発生したアグリゲートまたは拒否されたアグリゲートを

      「 storage aggregate relocation start -node <node2> -destination <node3> -aggregate-list * -nd-controllerupgrade true 」という形式で指定します

    5. プロンプトが表示されたら、「 y 」と入力します。

    6. admin 権限レベルに戻ります。

      「特権管理者」

    必要に応じて、次のいずれかの方法で強制的に再配置を実行できます。

    • 拒否のチェックを無視する:

      「 storage aggregate relocation start -override-vetoes true -nd-controller-upgrade

    • 送信先チェックを無効にする:

      「 storage aggregate relocation start -override-destination-checks true -ndocontroller -upgrade 」を実行します

    storage aggregate relocation コマンドの詳細については、を参照してください "参考資料" CLI_ および ONTAP 9 コマンド:マニュアルページリファレンス _ を使用してディスクおよびアグリゲートの管理にリンクするには、次の手順を実行します。

  6. [man_relocate_2_3_step6] ルート以外のアグリゲートがすべてノード 3 でオンラインになっていることを確認します。

    「 storage aggregate show -node <node3 > -state offline-root false 」という 2 つのコマンドを実行します

    オフラインになったアグリゲートや外部になったアグリゲートがある場合は、各アグリゲートを 1 つずつオンラインにする必要があります。

    「 storage aggregate online -aggregate <aggr_name>` 」という名前になります

  7. ノード 3 ですべてのボリュームがオンラインになっていることを確認します。

    volume show -node <node3 > -state offline`

    ノード 3 でオフラインになっているボリュームがある場合は、各ボリュームについて 1 回、オンラインにする必要があります。

    volume online -vserver Vserver -name -volume volume-name

  8. node2 にオンラインのルート以外のアグリゲートがないことを確認します。

    「 storage aggregate show-owner-name <node2> -ha-policy sfo-state online 」のように表示されます

    ルート以外のオンラインアグリゲートがすべて node3 にすでに再配置されているため、コマンドの出力にルート以外のオンラインアグリゲートが表示されないようにする必要があります。