日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ノード 4 のインストールを確認します

node4 のインストールとブートの完了後、正しくインストールされていること、クラスタの一部であること、および node3 と通信できることを確認する必要があります。

手順
  1. システムプロンプトで、 node4 にログインします。

  2. ノード 4 がノード 3 と同じクラスタに含まれていること、および正常であることを確認します。

    「 cluster show 」を参照してください

  3. ノード 4 がノード 3 と通信できること、およびすべての LIF が動作していることを確認します。

    network interface show -curr-node node4 ’

  4. 次のいずれかを実行します。

    ノード 4 の状態 作業

    ノード 3 とは別のシャーシに設置します

    次の手順を実行して、ノード間の HA インターコネクトを接続します。

    1. node3 の上部インターコネクトポートを node4 の上部インターコネクトポートに接続します。

    2. node3 の下部インターコネクトポートを node4 の下部インターコネクトポートに接続します。

    3. に進みます 手順 5

    ノード 3 と同じシャーシに搭載します

    に進みます 手順 5。ノード間の HA インターコネクトを手動で接続する必要はありません。同じシャーシ構成では、 HA インターコネクトがバックプレーンを使用して自動的に接続されます。

  5. [[Step5] 次のいずれかの操作を行います。

    クラスタの種類 作業

    SAN 環境の場合

    - 完了しました 手順 6 をクリックして、セクションに移動します "node2 によって所有されている NAS データ LIF を node3 から node4 に移動し、 node4 にある SAN LIF を確認します"

    SAN 環境では使用できません

    手順 6 をスキップしてセクションに進みます "node2 によって所有されている NAS データ LIF を node3 から node4 に移動し、 node4 にある SAN LIF を確認します"

  6. [[Step6] ノードの 1 つで次のコマンドを入力して、ノード 3 とノード 4 の両方がクォーラムにあることを確認します。

    event log show -messagename scsiblade. *

    次の例は、クラスタ内のノードがクォーラムにある場合の出力を示しています。

    cluster::> event log show -messagename scsiblade.*
    Time                Node   Severity      Event
    ------------------- ------ ------------- --------------------------
    8/13/2012 14:03:51  node1  INFORMATIONAL scsiblade.in.quorum: The scsi-blade ...
    8/13/2012 14:03:51  node2  INFORMATIONAL scsiblade.in.quorum: The scsi-blade ...
    8/13/2012 14:03:48  node3  INFORMATIONAL scsiblade.in.quorum: The scsi-blade ...
    8/13/2012 14:03:43  node4  INFORMATIONAL scsiblade.in.quorum: The scsi-blade ...