日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージシェルフを接続し、ディスク所有権を再割り当てします

寄稿者

ノード 1 とノード 2 に属していたディスクを、それぞれノード 3 とノード 4 に再割り当てする必要があります。

このセクションの手順は、 node3 と node4 で実行します。そのあと、 node3 の各手順を完了してから次の手順に進みます。

手順
  1. ストレージシェルフのケーブルを node1 / node2 から node3 / node4 に接続します。電源装置とシェルフの物理的な接続を確認します。

  2. node3 の LOADER プロンプトから、メンテナンスモードでブートします。

    「 boot_ontap maint 」を使用してください

  3. node3 のシステム ID を表示します。

    「ディスクショー V 」

    *> disk show -v
    Local System ID: 101268854
    ...

    以下の手順 4 で使用する node3 のシステム ID を記録します。

  4. ノード 1 のスペアディスク、ルートアグリゲートに属するディスク、およびデータアグリゲートを再割り当てします。

    「ディスクの再割り当て -s node1 _sysid _ -d _node3 _sysid _ -p _node2 _SysID

    • パラメータ 'node1_sysid' は ' 元のノードのシャットダウン _ で記録した値です "手順 5"

    • 共有ディスクが存在する場合にのみ '--p partner_SysID_' パラメータを指定します

    注記

    node2 のスペアディスク、ルートアグリゲートに属するディスク、およびすべてのデータアグリゲートを再割り当てする場合、コマンドは次のようになります。

    「ディスクの再割り当て -s node2_sysid -d node4 sysid -p node3 _SysID 」

    次のようなメッセージが表示されます。

    Partner node must not be in Takeover mode during disk reassignment from maintenance mode.
    Serious problems could result!!
    Do not proceed with reassignment if the partner is in takeover mode. Abort reassignment (y/n)?n
    
    After the node becomes operational, you must perform a takeover and giveback of the HA partner node to ensure disk reassignment is successful.
    Do you want to continue (y/n)?y
  5. 「 y 」と入力して続行します。

    次のようなメッセージが表示されます。

    The system displays the following message:
    Disk ownership will be updated on all disks previously belonging to Filer with sysid
    <sysid>.
    Do you want to continue (y/n)? y
  6. 「 y 」と入力して続行します。

  7. options フィールドで node1 のルートアグリゲートが「 root 」に設定され、他のアグリゲートがオンラインであることを確認します。

    「 aggr status 」を入力します

    次のような出力が表示されます。

    *> aggr status
               Aggr State           Status                Options
              aggr0 online          raid_dp, aggr         root
                                    64-bit
  8. メンテナンスモードを終了します。

    「 halt 」