日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

LIF を確認してシリアル番号を登録

寄稿者 netapp-martyh

交換用ノードを稼働状態に戻す前に、 LIF がホームポートにあることを確認し、 AutoSupport が有効な場合は交換用ノードのシリアル番号を登録して、自動ギブバックをリセットする必要があります。

  1. 論理インターフェイスがホームサーバとポートに報告されていることを確認します。「 network interface show -is-home false 」

    いずれかの LIF が false と表示されている場合は、ホームポートにリバートします。「 network interface revert *

  2. システムのシリアル番号をネットアップサポートに登録します。

    状況 作業

    AutoSupport が有効になっている

    AutoSupport メッセージを送信してシリアル番号を登録します。

    AutoSupport が有効になっていません

    ネットアップサポートに連絡してシリアル番号を登録します。

  3. 自動ギブバックを無効にした場合は、再度有効にします。「 storage failover modify -node local-auto-giveback true 」