日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

I/O モジュールを追加します( AFF A900 )

システムに I/O モジュールを追加するには、 NIC またはストレージアダプタをフル搭載システムの新しいアダプタに交換するか、新しい NIC またはストレージアダプタをシステムの空のシャーシスロットに追加します。

作業を開始する前に
  • を確認します "NetApp Hardware Universe の略" 新しい I/O モジュールが、お使いのシステムおよび実行中の ONTAP のバージョンと互換性があることを確認します。

  • 複数のスロットが使用可能な場合は、でスロットの優先順位を確認します "NetApp Hardware Universe の略" また、お使いの I/O モジュールに最適なものを使用してください。

  • 無停止で I/O モジュールを追加するには、ターゲットコントローラをテイクオーバーし、ターゲットスロットのスロットブランクカバーを取り外すか、既存の I/O モジュールを取り外し、新しい I/O モジュールまたは交換用 I/O モジュールを追加して、ターゲットコントローラをギブバックする必要があります。

  • 他のすべてのコンポーネントが正常に機能していることを確認します。

オプション 1 :オープンスロットを備えたシステムに I/O モジュールを追加する

システムの空のモジュールスロットに、 NS224 ストレージシェルフの NIC またはストレージモジュールとして I/O モジュールを追加できます。

  1. コントローラ A をシャットダウンします。

    1. 自動ギブバックを無効にします。「 storage failover modify -node local-auto-giveback false 」

    2. ターゲットコントローラをテイクオーバーします。 storage failover takeover -ofnode target_node_name

      テイクオーバーが完了すると、コンソール接続に、コントローラが LOADER プロンプトに表示されなくなります。

  2. 接地対策がまだの場合は、自身で適切に実施します。

  3. ターゲットスロットのブランクカバーを取り外します。

    1. 文字と数字が記載されたカムボタンを押し下げます。

    2. カムラッチを開いた状態になるまで下に回転させます。

    3. ブランキングカバーを取り外す。

  4. I/O モジュールを取り付けます。

    1. I/O モジュールをスロットの端に合わせます。

    2. 文字と数字が記載された I/O カムラッチが I/O カムピンにかみ合うまで、 I/O モジュールをスロットにスライドさせます。

    3. I/O カムラッチを上に押してモジュールを所定の位置にロックします。

  5. 交換用 I/O モジュールが NIC の場合は、モジュールをデータスイッチにケーブル接続します。

    注記 使用していない I/O スロットには、熱の問題を防ぐためにブランクが取り付けられていることを確認してください。
  6. LOADER プロンプトからコントローラをリブートします: bye _

  7. パートナーコントローラからコントローラをギブバックします。storage failover giveback -ofnode target_node_name

  8. 自動ギブバックを無効にした場合は、有効にします。「 storage failover modify -node local-auto-giveback true 」

  9. ネットワーク用にスロット 3 または 7 を使用している場合は、「 storage port modify -node <node name> port_<port name> -mode network 」コマンドを使用して、ネットワーク用にスロットを変換します。

  10. コントローラ B について、上記の手順を繰り返します

  11. ストレージ I/O モジュールを設置した場合は、 NS224 シェルフを設置してケーブル接続します(を参照) "NS224 ドライブシェルフのホットアド"

オプション 2 :オープンスロットのないシステムに I/O モジュールを追加する

フル装備のシステムに 1 つ以上の I/O モジュールを取り付けるには、システム内の既存の NIC またはストレージモジュールを 1 つ以上取り外す必要があります。

  1. 実行する作業

    置換 …​ 作業

    ポート数が同じ NIC I/O モジュール

    LIF は、コントローラモジュールがシャットダウンすると自動的に移行されます。

    ポート数が少ない NIC I/O モジュール

    該当する LIF を別のホームポートに完全に再割り当てします。を参照してください "LIF を移行する" System Manager を使用して LIF を完全に移動する方法については、を参照してください。

    ストレージ I/O モジュールを搭載した NIC I/O モジュール

    System Manager を使用して、 LIF を別のホームポートに完全に移行します。手順については、を参照してください "LIF を移行する"

  2. コントローラ A をシャットダウンします。

    1. 自動ギブバックを無効にします。「 storage failover modify -node local-auto-giveback false 」

    2. ターゲットコントローラをテイクオーバーします。 storage failover takeover -ofnode target_node_name

      テイクオーバーが完了すると、コンソール接続に、コントローラが LOADER プロンプトに表示されなくなります。

  3. 接地対策がまだの場合は、自身で適切に実施します。

  4. ターゲット I/O モジュールのケーブルをすべて取り外します。

  5. ターゲットの I/O モジュールをシャーシから取り外します。

    1. 文字と数字が記載されたカムボタンを押し下げます。

      カムボタンがシャーシから離れます。

    2. カムラッチを下に回転させて水平にします。

      I/O モジュールがシャーシから外れ、 I/O スロットから約 1/2 インチアウトします。

    3. I/O モジュール前面の両側にあるプルタブを引いて、 I/O モジュールをシャーシから取り外します。

      I/O モジュールが取り付けられていたスロットを記録しておいてください。

    凡例アイコン 01

    文字と数字が記載された I/O カムラッチ

    ロックが完全に解除された I/O カムラッチ

  6. I/O モジュールをターゲットスロットに取り付けます。

    1. I/O モジュールをスロットの端に合わせます。

    2. 文字と数字が記載された I/O カムラッチが I/O カムピンにかみ合うまで、 I/O モジュールをスロットにスライドさせます。

    3. I/O カムラッチを上に押してモジュールを所定の位置にロックします。

  7. コントローラ A の他のモジュールについても、取り外しと取り付けの手順を繰り返して交換します

  8. 交換用 I/O モジュールが NIC の場合は、モジュールをデータスイッチにケーブル接続します。

  9. LOADER プロンプトからコントローラをリブートします: bye _

  10. パートナーコントローラからコントローラをギブバックします。storage failover giveback -ofnode target_node_name

  11. 自動ギブバックを無効にした場合は、有効にします。「 storage failover modify -node local-auto-giveback true 」

  12. 追加した場合:

    I/O モジュールの種類 作業

    スロット 3 または 7 の NIC モジュール

    各ポートには 'storage port modify -node * <node name> __port * _<port name> _-mode network ’コマンドを使用します

    ストレージモジュール

    の説明に従って、 NS224 シェルフを設置してケーブル接続しますhttps://docs.netapp.com/us-en/ontap-systems/ns224/hot-add-shelf.html["NS224 ドライブシェルフのホットアド"]。

  13. コントローラ B について、上記の手順を繰り返します