日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

リカバリイメージ AFF FAS8300 および FAS8700 をブートします

障害のあるコントローラをリカバリイメージからブートするための手順 は、システムが 2 ノード MetroCluster 構成かどうかによって異なります。

オプション 1 :ほとんどのシステム

ONTAP イメージを USB ドライブからブートし、ファイルシステムをリストアして、環境変数を確認する必要があります。

この手順環境システムは 2 ノード MetroCluster 構成には含まれません。

手順
  1. LOADER プロンプトから、 USB フラッシュドライブ「 boot_recovery 」からリカバリ・イメージをブートします

    イメージが USB フラッシュドライブからダウンロードされます。

  2. プロンプトが表示されたら、イメージの名前を入力するか、画面に表示されたデフォルトのイメージをそのまま使用します。

  3. var' ファイルシステムを復元します

    システム構成 作業

    ネットワーク接続

    1. バックアップ構成を復元するかどうかを確認するメッセージが表示されたら 'y' を押します

    2. 正常なコントローラを advanced 権限レベルに設定します :'set -privilege advanced

    3. リストアバックアップコマンドを実行します。 'system node restore-backup -node local-target-address_impaired_node_name _'

    4. コントローラを admin レベルに戻します :'set -privilege admin

    5. 復元された構成を使用するかどうかを確認するメッセージが表示されたら 'y' を押します

    6. コントローラの再起動を求めるプロンプトが表示されたら 'y' を押します

    ネットワーク接続がありません

    1. バックアップ構成を復元するよう求められたら 'n' を押します

    2. プロンプトが表示されたら、システムをリブートします。

    3. 表示されたメニューから「 * Update flash from backup config * ( sync flash )」オプションを選択します。

      更新を続行するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、「 y 」を押します。

  4. 環境変数が正しく設定されていることを確認します。

    1. コントローラに LOADER プロンプトを表示します。

    2. printenv コマンドを使用して ' 環境変数の設定を確認します

    3. 環境変数が正しく設定されていない場合は 'setenv_environment-variable-name___ changed-value_` コマンドで変更します

    4. 「 savenv 」コマンドを使用して、変更内容を保存します。

  5. 次の手順は、システム構成によって異なります。

    • システムにオンボードキーマネージャ、 NSE 、または NVE が設定されている場合は、に進みます 必要に応じて、 OKM 、 NSE 、 NVE をリストアします

    • システムにオンボードキーマネージャ、 NSE 、または NVE が設定されていない場合は、このセクションの手順を実行します。

  6. LOADER プロンプトで「 boot_ontap 」コマンドを入力します。

    * 表示内容 …​ *

    ログインプロンプト

    次の手順に進みます。

    ギブバックを待っています

    1. パートナーコントローラにログインします。

    2. storage failover show コマンドを使用して ' ターゲット・コントローラがギブバック可能な状態になっていることを確認します

  7. パートナーコントローラにコンソールケーブルを接続します。

  8. storage failover giveback -fromnode local コマンドを使用して、コントローラをギブバックします。

  9. クラスタ・プロンプトで 'net int-is-home false' コマンドを使用して論理インターフェイスを確認します

    "false" と表示されているインターフェイスがある場合は、 net int revert コマンドを使用して、これらのインターフェイスをホームポートに戻します。

  10. コンソール・ケーブルを修復されたコントローラに移動し 'version -v コマンドを実行して ONTAP のバージョンを確認します

  11. 「 storage failover modify -node local-auto-giveback true 」コマンドを使用して自動ギブバックを無効にした場合は、自動ギブバックをリストアします。

オプション 2 :コントローラは 2 ノード MetroCluster に搭載されています

ONTAP イメージを USB ドライブからブートし、環境変数を確認する必要があります。

この手順環境システムは、 2 ノード MetroCluster 構成です。

手順
  1. LOADER プロンプトから、 USB フラッシュドライブ「 boot_recovery 」からリカバリ・イメージをブートします

    イメージが USB フラッシュドライブからダウンロードされます。

  2. プロンプトが表示されたら、イメージの名前を入力するか、画面に表示されたデフォルトのイメージをそのまま使用します。

  3. イメージがインストールされたら、リストアプロセスを開始します。

    1. バックアップ構成を復元するよう求められたら 'n' を押します

    2. 再起動を求めるプロンプトが表示されたら 'y' を押して ' 新しくインストールされたソフトウェアの使用を開始します

      プロンプトが表示されたら、ブートプロセスを中断できるように準備しておく必要があります。

  4. システムの起動時に 'Press Ctrl-C for Boot Menu' というメッセージが表示されたら 'Ctrl-C' を押します起動メニューが表示されたら 'Option 6 を選択します

  5. 環境変数が正しく設定されていることを確認します。

    1. ノードに LOADER プロンプトを表示します。

    2. printenv コマンドを使用して ' 環境変数の設定を確認します

    3. 環境変数が正しく設定されていない場合は 'setenv_environment-variable-name___ changed-value_` コマンドで変更します

    4. 「 savenv 」コマンドを使用して、変更内容を保存します。

    5. ノードをリブートします。