日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

リストアと交換のプロセスを完了します - FAS8300 および FAS8700

キットに付属する RMA 指示書に従って、シャーシの HA 状態を確認し、診断を実行し、障害が発生した部品をネットアップに返却する必要があります。

手順 1 :シャーシの HA 状態を確認して設定します

シャーシの HA 状態を確認し、必要に応じてシステム構成に合わせて更新する必要があります。

手順
  1. メンテナンスモードでは、いずれかのコントローラモジュールから、ローカルコントローラモジュールとシャーシの HA 状態を表示します。「 ha-config show 」

    HA 状態はすべてのコンポーネントで同じになっているはずです。

  2. 表示されたシャーシのシステム状態がシステム構成と一致しない場合は、次の手順を実行します。

    1. シャーシの HA 状態を設定します :'ha-config modify chassis_ha-state _

      hA-state には、次のいずれかの値を指定できます。

      • 「 HA 」

      • 「 mcc 」

      • 「 mcc-2n 」

      • 「 MCCIP 」

      • 「 non-ha 」

    2. 設定が変更されたことを確認します。「 ha-config show 」

  3. システムの残りのケーブルをまだ再接続していない場合は、ケーブルを再接続します。

手順 2 :診断を実行します

システムのコンポーネントを交換したら、そのコンポーネントに対して診断テストを実行する必要があります。

診断を開始するには、システムに LOADER プロンプトが表示されている必要があります。

診断手順のコマンドは、すべてコンポーネントを交換するコントローラから実行します。

手順
  1. 保守対象のコントローラが LOADER プロンプトに表示されていない場合は、コントローラをリブートします。「 system node halt -node _node_name _

    コマンドを問題したら、システムが LOADER プロンプトで停止するまで待ちます。

  2. LOADER プロンプトで、システムレベルの診断用に特別に設計されたドライバ「 boot_diags 」にアクセスします

  3. 表示されたメニューから「 * Scan System * (システムのスキャン)」を選択して、診断テストの実行を有効にします。

  4. 表示されたメニューから * Test system * を選択して、診断テストを実行します。

  5. 各種サブメニューからテストまたは一連のテストを選択します。

  6. 前述の手順の結果に応じて、次に進みます。

    • テストに失敗した場合は、エラーを修正してからテストを再実行します。

    • テストでエラーが報告されなかった場合は、メニューから Reboot を選択してシステムをリブートします。

手順 3 : 2 ノード MetroCluster 構成でアグリゲートをスイッチバックする

2 ノード MetroCluster 構成で FRU の交換が完了したら、 MetroCluster スイッチバック処理を実行できます。これにより構成が通常の動作状態に戻ります。また、障害が発生していたサイトの同期元 Storage Virtual Machine ( SVM )がアクティブになり、ローカルディスクプールからデータを提供します。

このタスクでは、環境の 2 ノード MetroCluster 構成のみを実行します。

手順
  1. すべてのノードの状態が「 enabled 」であることを確認します。 MetroCluster node show

    cluster_B::>  metrocluster node show
    
    DR                           Configuration  DR
    Group Cluster Node           State          Mirroring Mode
    ----- ------- -------------- -------------- --------- --------------------
    1     cluster_A
                  controller_A_1 configured     enabled   heal roots completed
          cluster_B
                  controller_B_1 configured     enabled   waiting for switchback recovery
    2 entries were displayed.
  2. すべての SVM で再同期が完了したことを確認します。「 MetroCluster vserver show 」

  3. 修復処理によって実行される LIF の自動移行が正常に完了したことを確認します。 MetroCluster check lif show

  4. サバイバークラスタ内の任意のノードから MetroCluster switchback コマンドを使用して、スイッチバックを実行します。

  5. スイッチバック処理が完了したことを確認します MetroCluster show

    クラスタの状態が waiting-for-switchback の場合は、スイッチバック処理がまだ実行中です。

    cluster_B::> metrocluster show
    Cluster              Configuration State    Mode
    --------------------	------------------- 	---------
     Local: cluster_B configured       	switchover
    Remote: cluster_A configured       	waiting-for-switchback

    クラスタが「 normal 」状態のとき、スイッチバック処理は完了しています。

    cluster_B::> metrocluster show
    Cluster              Configuration State    Mode
    --------------------	------------------- 	---------
     Local: cluster_B configured      		normal
    Remote: cluster_A configured      		normal

    スイッチバックが完了するまでに時間がかかる場合は、「 MetroCluster config-replication resync-status show 」コマンドを使用することで、進行中のベースラインのステータスを確認できます。

  6. SnapMirror 構成または SnapVault 構成があれば、再確立します。

手順 4 :交換プロセスを完了します

障害のある部品は、キットに付属する RMA 指示書に従ってネットアップに返却してください。を参照してください "パーツの返品と交換" 詳細については、を参照してください。