日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

シェルフ ID を変更します。   : NS224 シェルフ

寄稿者 netapp-lisa netapp-martyh

ONTAP がまだ実行されていない場合や、シェルフをシステムにケーブル接続する前にホットアドする場合は、システムのシェルフ ID を変更できます。また、 ONTAP が実行中(コントローラモジュールがデータを提供可能)の場合でも、シェルフ内のすべてのドライブが所有されていないか、スペアであるか、オフラインのアグリゲートのメンバーである場合にはシェルフ ID を変更できます。

作業を開始する前に
  • ONTAP が実行中(コントローラモジュールがデータを提供可能)の場合は、シェルフ内のすべてのドライブが所有されていないか、スペアであるか、オフラインのアグリゲートのメンバーであることを確認しておく必要があります。

    「 storage disk show -shelf_shelf_number _ 」コマンドを使用すると、ドライブの状態を確認できます。Container Type 列の出力に 'sare 'srep' または broken と表示されます(ドライブに障害が発生している場合)さらに 'Container Name' および Owner カラムにはダッシュが表示されます

  • 片側をまっすぐに伸ばしたペーパークリップ、または細い先端のボールペンが必要です。

    ペーパークリップまたはボールペンを使用して、 LED の右側にある小さな穴からシェルフ ID ボタンにオペレータディスプレイパネル( ODP )からアクセスします。

このタスクについて
  • 有効なシェルフ ID は 00~99 です。

  • シェルフ ID は HA ペア内で一意である必要があります。

  • シェルフ ID を有効にするには、シェルフの電源を再投入する必要があります(両方の電源コードを抜き、適切な時間を待ってから再度接続します)。

    電源コードを再接続するまでの待機時間は、この手順の後半で説明するように、 ONTAP の状態によって異なります。

    注記 NS224 シェルフの電源装置には電源スイッチはありません。
手順
  1. シェルフの電源がオンになっていない場合はオンにします。

    電源コードをシェルフに接続して電源コード固定クリップで所定の位置に固定してから、耐障害性を確保するためにそれぞれ別々の電源に接続します。

  2. 左側のエンドキャップを取り外して、 LED の右側にある小さな穴の位置を確認します。

  3. シェルフ ID の最初の番号を変更します。

    1. ペーパークリップまたはボールペンを小さな穴に差し込みます。

    2. デジタルディスプレイの 1 桁目の数字が点滅するまでボタンを押し続け、ボタンを放します。

      点滅するまでに最大 15 秒かかる場合があります。これにより、シェルフ ID プログラミングモードがアクティブになります。

      注記 ID の点滅に 15 秒以上かかる場合は、ボタンをもう一度押し続けてください。
    3. 目的の番号になるまで、ボタンを押してから離します( 0 ~ 9 )。

      各プレスおよびリリース時間は、 1 秒ほど短くすることができます。

    1 桁目の数字は点滅し続けます。

  4. シェルフ ID の 2 番目の番号を変更します。

    1. デジタルディスプレイの 2 桁目の数字が点滅するまで、ボタンを押し続けます。

      数字が点滅するまでに最大 3 秒かかる場合があります。

    デジタルディスプレイの 1 桁目の数字の点滅が停止します。

    1. 目的の番号になるまで、ボタンを押してから離します( 0 ~ 9 )。

      2 桁目の数字は点滅し続けます。

  5. 2 桁目の数字が点滅しなくなるまでボタンを押し続けて、目的の番号をロックしてプログラミングモードを終了します。

    点滅が停止するまでに最大 3 秒かかる場合があります。

    デジタルディスプレイの両方の番号が点滅し始め、約 5 秒後に ODP の黄色の LED が点灯して保留中のシェルフ ID がまだ有効になっていないことを警告します。

  6. シェルフの電源を再投入し、シェルフ ID を有効にします。

    シェルフの両方の電源装置から電源コードを抜き、適切な時間待機してから、シェルフの電源装置に接続し直して、電源の再投入を完了する必要があります。

    電源コードが接続されるとすぐに、電源装置の電源がオンになります。LED が緑色に点灯します。

    • ONTAP が実行されていない場合、または(まだシステムにケーブルが接続されていない)シェルフをホットアドする場合は、少なくとも 10 秒待ちます。

    • ONTAP が実行中(コントローラからデータを提供可能)で、シェルフ内のすべてのドライブが所有されていないか、スペアであるか、オフラインのアグリゲートのメンバーである場合は、少なくとも 70 秒待ちます。

      この間に、 ONTAP は古いシェルフアドレスを削除し、新しいシェルフアドレスのコピーを更新します。

  7. 左側のエンドキャップを取り付けます。