日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ドアと照光バッジを再度取り付けます

電源装置とコンポーネントをシステムキャビネットの反対側に移動し、ヒンジとロックキャッチを移動したら、システムキャビネットのドアと照光バッジを取り付け直し、バッジを電源に再接続する必要があります。

システムキャビネットのドアを再度取り付けます

ドアのヒンジとキャッチを反転したら、照光バッジを取り付け直す前に、接地線と接地端子アセンブリ、およびシステムキャビネットの前面ドアを取り付ける必要があります。

  1. ドアを 180 度回転させます。

  2. ドアの底部を下部のヒンジポストに合わせ、その上に配置します。

  3. 上部のヒンジピンを持ち上げて、ヒンジの軸筒から外します。

  4. ヒンジピンとドアのヒンジが揃うようにドアの上部をヒンジの軸筒の上に合わせたら、ヒンジピンを離します。

    ヒンジピンがドアヒンジと軸筒の下部を通ってしっかりと収まっていることを確認します。

  5. 反転させた前面ドアの同じ側のシステムキャビネットフレームに接地端子と接地線アセンブリを取り付け直し、システムキャビネットのドアの上部にスペードプラグと一緒にアース端子を再び取り付けます。

  6. システムキャビネットのドアにある接地端子アセンブリのスペードにアース線を取り付け直します。

  7. 必要に応じて、サイドパネルまたはインターコネクトブラケットを再度取り付けます。

    • システムキャビネットが別のシステムキャビネットに接続されていない場合は、サイドパネルを再び取り付けます。

    • システムキャビネットがインターコネクトキットで別のシステムキャビネットに接続されている場合は、インターコネクトブラケットを再度取り付けます。

照光バッジを再度取り付けます

システムキャビネットのドアを取り付けたら、照光バッジを取り付けてドアの反転手順を完了し、前面ドアを閉じてロックする必要があります。

  1. 次の図を参考にして、システムキャビネットの前面ドアに照光バッジを取り付けます。

    DRW sys cab GDE brimstone install
  2. フロントドアを閉じてロックします。