日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

マルチパス接続用のコントローラ/スタック間のケーブル接続ワークシートテンプレート- IOM12 / IOM12Bモジュールを使用するシェルフです

寄稿者

ワークシートテンプレートを記入することで、コントローラのSASポートペアを定義できます。これらのポートを使用して、コントローラをIOM12 / 12B IOMBモジュールを使用するディスクシェルフスタックにケーブル接続し、HAペアまたはシングルコントローラ構成でマルチパス接続を実現できます。記入済みのワークシートを使用して、構成に合ったマルチパス接続を実施することもできます。

作業を開始する前に

FAS2600シリーズ、AFF A200、FAS2700シリーズ、AFF A220など、内蔵ストレージを搭載したプラットフォームがある場合 その後、次のコマンドを使用します(プラットフォームごとに固有のワークシートを使用)。

このタスクについて
  • この手順およびワークシートテンプレートは、 1 つ以上のスタックを使用したマルチパス HA またはマルチパス構成のケーブル接続に適用されます。

    記入済みワークシートの例は、マルチパス HA 構成とマルチパス構成を対象としたものです。

    ワークシート例では、2つのクアッドポートSAS HBAと、IOM12 / IOM12Bモジュールを使用するディスクシェルフスタックを2台使用する構成を使用します。

  • ワークシートテンプレートは最大 6 つのスタックに対応しています。必要に応じて列を追加する必要があります。

  • 必要に応じて、を参照してください "SAS ケーブル接続ルール" サポートされる構成については、コントローラのスロット番号の規則、シェルフ / シェルフ間の接続、およびコントローラ / シェルフ間の接続(ポートペアの使用など)を参照してください。

  • ワークシートに記入したら、必要に応じてを参照してください "マルチパス接続でコントローラ / スタック間をケーブル接続するためのワークシートの読み取り方法"

DRW ワークシート mpha テンプレート
手順
  1. グレーのボックスの上のボックスに、システム上のすべてのSAS Aポートと、続けてシステム上のすべてのSAS Cポートをスロットの順序(0、1、2、3など)で列挙します。

    例: 1a 、 2a 、 1c 、 2c

  2. グレーのボックスに、システムのすべてのSAS Bポートと、システムのすべてのSAS Dポートをスロットの順序(0、1、2、3など)でリストアップします。

    例: 1b 、 2b 、 1d 、 2d

  3. グレーの行の下の行に、リストの最初のポートが末尾に移動するように、 D および B のポートリストを書き換えます。

    例: 2b 、 1d 、 2d 、 1b

  4. 各スタックのポートペアを円で囲みます。

    すべてのポートペアを使用してシステム内のスタックをケーブル接続する場合は、ワークシートに記載されている順序でポートペアを円で囲みます。

    たとえば、 8 つの SAS ポートと 4 つのスタックを使用するマルチパス HA 構成では、ポートペア 1a / 2b をスタック 1 に、ポートペア 2a / 1d をスタック 2 に、ポートペア 1c / 2d をスタック 3 に、ポートペア 2c / 1b をスタック 4 にそれぞれケーブル接続します。

    DRW ワークシート mpha スロット 1 と 2 つの 4 ポートバス 2 つのスタック

    システム内のスタックのケーブル接続にすべてのポートペアが必要でない場合は、ポートペアをスキップ( 1 つおきに使用)します。

    たとえば、 8 つの SAS ポートと 2 つのスタックを使用するマルチパス HA 構成では、ポートペア 1a / 2b をスタック 1 に、ポートペア 1c / 2d をスタック 2 にケーブル接続します。あとでスタックを 2 つホットアドした場合、ポートペア 2a / 1d をスタック 3 に、ポートペア 2c / 1b をスタック 4 にケーブル接続します。

    注記 スタックのケーブル接続に必要となる以上のポートペアがシステムにある場合は、ポートペアをスキップしてシステムの SAS ポートを最適化することを推奨します。SAS ポートを最適化することで、システムのパフォーマンスが最適化されます。
    DRW ワークシート mpha がテンプレートをスキップしました

    記入済みのワークシートを使用して、システムをケーブル接続できます。

  5. シングルコントローラ(マルチパス)構成の場合は、コントローラ 2 の情報を取り消し線で削除します。

    DRW ワークシート mp テンプレート

    記入済みのワークシートを使用して、システムをケーブル接続できます。