日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

2 つのクアッドポート SAS HBA シェルフと IOM12 モジュールを使用したクアッドパス HA 構成のコントローラ / スタック間のケーブル接続ワークシートとケーブル接続例

記入済みのコントローラ / スタック間のケーブル接続ワークシートとケーブル接続例を使用して、 2 つのクアッドポート SAS HBA を備えたクアッドパス HA 構成をケーブル接続できます。

  • 必要に応じて、を参照してください "SAS ケーブル接続ルール" サポートされる構成については、コントローラのスロット番号の規則、シェルフ / シェルフ間の接続、およびコントローラ / シェルフ間の接続(ポートペアの使用など)を参照してください。

  • 必要に応じて、を参照してください "クアッドパス接続でコントローラ / スタック間をケーブル接続するためのワークシートの読み取り方法"

  • ケーブル接続例では、コントローラ / スタック間のケーブル接続のうち、コントローラ A と C のポート接続を実線で、コントローラ B と D のポート接続を点線で区別して表しています。

    ケーブルタイプキーをスタックする DRW コントローラ
  • HA ペアの各スタックへの接続を区別するために、ケーブル接続例のケーブルとワークシートの対応するポートペアに同じ色を使用しています。

    DRW コントローラをスタックするケーブルカラーキー( 2600 以外)
  • ケーブル接続例では、 HA ペアまたはシングルコントローラ構成で各コントローラから各スタックへのクアッドパス接続に必要な 2 セットのマルチパスケーブル接続を、視覚的に区別しています。

    マルチパスケーブルの最初のセットを「マルチパス」と呼びます。マルチパス・ケーブルの 2 番目のセットは ' クアッドパスと呼ばれます2 番目のケーブル接続セットは「クアッドパス」と呼ばれます。これは、このケーブル接続セットを完了すると、クアッドパス接続が可能になるためです。

    DRW コントローラ / スタック間のクアッドパス接続キー
  • ワークシート例では、各ポートペアは、マルチパスケーブル接続またはクアッドパスケーブル接続で該当するスタックに接続されます。

    マルチパスケーブル接続用の各ポートペアは、接続先のスタックと同じ色の楕円で囲まれています。クアッドパスケーブル接続用の各ポートペアは、接続先のスタックと同じ色の四角形で囲まれています。

クアッドパス HA :クアッドポート SAS HBA × 2 、マルチシェルフスタック × 2

次のワークシートとケーブル接続例では、スタック 1 にポートペア 1a / 2b (マルチパス)と 2a / 1d (クアッドパス)を使用し、スタック 2 にポートペア 1c / 2d (マルチパス)と 2c / 1b (クアッドパス)を使用しています。

DRW ワークシート qpha スロット 1 と 2 つの 4 ポートバス 2 つのスタック NAU
DRW qpha スロット 1 および 2 2 2 4 ポートバス 2 スタック NAU