日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

VSC の標準ロールの使用に関するガイドライン

寄稿者 Netapp-shabaana

VMware vSphere の標準的な ONTAP ® ツールを使用する場合は、一定のガイドラインに従う必要があります。

標準ロールは直接変更しないでください。ロールを直接変更すると、 VSC をアップグレードするたびに変更が上書きされます。VSC をアップグレードするたびに、インストーラによって標準ロールの定義が更新されます。これにより、そのバージョンの VSC およびサポートされるすべてのバージョンの vCenter Server でロールを最新の状態に維持できます。

ただし、標準のロールを使用して環境に合わせたロールを作成することもできます。これを行うには、 VSC の標準ロールをコピーし、コピーしたロールを編集します。新しいロールを作成しても、 VSC Windows サービスを再起動またはアップグレードしてもこのロールを維持できます。

VSC の標準ロールの用途としては、次のようなものがあります。

  • すべての VSC タスクに標準の VSC ロールを使用する。

    このシナリオでは、標準ロールは VSC タスクの実行に必要なすべての権限をユーザに提供します。

  • 複数のロールを組み合わせてユーザが実行できるタスクを拡張する。

    単独では要件に合う標準の VSC ロールがない場合は、複数のロールを含む上位グループを作成してロールを拡張できます。

    ユーザが vCenter Server 標準の別の権限を必要とする VSC 以外のタスクも実行する必要がある場合は、それらの権限を提供するロールを作成し、グループに追加します。

  • より細分化されたロールを作成します。

    標準の VSC ロールよりも少ない権限のロールが必要な場合は、 VSC ロールを使用して新しいロールを作成することができます。

    この場合は、必要な VSC ロールのクローンを作成し、そのクローンを編集してユーザに必要な権限だけを残します。