日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

仮想データストアを設定するための VASA Provider の有効化

寄稿者

VMware vSphere 用の ONTAP ツールでは、 VASA Provider 機能がデフォルトで有効になっています。VMware 仮想ボリューム( vVol )データストアは、それぞれの vVol データストアに必要なストレージ機能プロファイルを使用して設定できます。

  • 必要なもの *

  • vCenter Server インスタンスをセットアップし、 ESXi を設定しておく必要があります。

  • ONTAP ツールを導入しておく必要があります。

  • このタスクについて *

ONTAP ツール 9.7.1 にアップグレードする前に VASA Provider 機能を無効にしていた場合は、アップグレード後も VASA Provider 機能は無効なままになります。本リリースでは、 VVOL データストアに対する vVol のレプリケーション機能を有効にすることができます。

  • 手順 *

    1. VMware vSphere の Web ユーザインターフェイスにログインします。

    2. vSphere Client で、 * Menu * > * ONTAP tools Console * の順にクリックします。

    3. [* 設定 * ] をクリックします。

    4. [ 管理設定 ] タブの [ 機能の管理 ] をクリックします。

    5. Manage Capabilities ダイアログボックスで、有効にする VASA Provider 拡張機能を選択します。

    6. VVOL データストアのレプリケーション機能を使用する場合は、「 * VVol レプリケーションを有効にする * 」切り替えボタンを使用します。

    7. ONTAP ツールの IP アドレスと管理者パスワードを入力し、 * 適用 * をクリックします。

      注記 VASA Provider 拡張機能を有効にしたあとも VASA Provider のステータスが「オフライン」と表示される場合は、 /var/log/vmware/vmware-SPS / sps.log ファイルで VASA Provider との接続エラーを確認するか、「 vmware-sps 」サービスを再起動してください。

ONTAP 9.6 以前のクラスタを使用している場合は、 OnCommand API サービスを VASA Provider に登録して、 SAN vVol VM および SAN vVol データストアのレポートで使用される vVol データストアと仮想マシンの詳細を取得する必要があります。ただし、 ONTAP 9.7 以降を使用している場合は、 OnCommand API サービスを VASA Provider に登録する必要はありません。