日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Linux ゲストオペレーティングシステムのタイムアウト値を設定します

Red Hat Enterprise Linux バージョン 4 、 5 、 6 、 7 および SUSE Linux Enterprise Server バージョン 9 、 10 、 11 の SCSI I/O タイムアウト設定は、ゲストオペレーティングシステム( OS )のタイムアウトスクリプトで設定されます。タイムアウトは 60 秒または 190 秒のどちらかを指定できます。Linux を新しいバージョンにアップグレードしたときは、必ずこのスクリプトを実行する必要があります。

  • 必要なもの *

Linux スクリプトを含む ISO イメージをマウントしておく必要があります。

  • 手順 *

    1. Linux 仮想マシンのコンソールにアクセスし、 root 権限を持つアカウントでログインします。

    2. 「 linux_gos_timeout-install.sh 」スクリプトを実行します。

      Red Hat Enterprise Linux 4 または SUSE Linux Enterprise Server 9 の場合は、次のようなメッセージが表示されます。

      Restarting udev... this may take a few seconds.
      Setting I/O Timeout (60s) for /dev/sda - SUCCESS!

      Red Hat Enterprise Linux 5 、 Red Hat Enterprise Linux 6 、および Red Hat Enterprise Linux 7 の場合は、次のようなメッセージが表示されます。

      patching file /etc/udev/rules.d/50-udev.rules
      Hunk #1 succeeded at 333 (offset 13 lines).
      Restarting udev... this may take a few seconds.
      Starting udev: [ OK ]
      Setting I/O Timeout (60s) for /dev/sda - SUCCESS!

      SUSE Linux Enterprise Server 10 または SUSE Linux Enterprise Server 11 の場合は、次のようなメッセージが表示されます。

    patching file /etc/udev/rules.d/50-udev-default.rules

    +

    Hunk #1 succeeded at 114 (offset 1 line).

    +

    Restarting udev ...this may take a few seconds.

    +

    Updating all available device nodes in /dev:   done
    1. ISO イメージをアンマウントします。