日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP ツールメンテナンスコンソールの概要

ONTAP ツールのメンテナンスコンソールを使用して、アプリケーション、システム、およびネットワークの構成を管理できます。管理者パスワードとメンテナンスパスワードを変更することができます。サポートバンドルの生成、異なるログレベルの設定、 TLS 設定の表示と管理、およびリモート診断の開始を行うこともできます。

ONTAP ツールを導入したあと、メンテナンスコンソールにアクセスするために VMware ツールをインストールしておく必要があります。ONTAP ツールのメンテナンスコンソールにログインするには、導入時に設定したユーザ名とパスワードに「パスワード」を使用する必要があります。

注記 リモート診断をイネーブルにするときは、「 ```ip 」ユーザのパスワードを設定する必要があります。

導入した ONTAP ツールの [Summary] タブを使用して、メンテナンスコンソールにアクセスする必要があります。をクリックします をクリックすると、メンテナンスコンソールが起動します。

* コンソール・メニュー *

* オプション *

アプリケーションの設定

  1. サーバステータスの概要を表示します

  2. Virtual Storage Console サービスを開始します

  3. Virtual Storage Console サービスを停止します

  4. VASA Provider および SRA サービスを開始する

  5. VASA Provider および SRA サービスを停止する

  6. 「管理者」ユーザのパスワードを変更します

  7. 証明書を再生成します

  8. キーストアと証明書をハードリセットします

  9. データベースをハードリセットしました

  10. Virtual Storage Console サービスのログレベルを変更します

  11. VASA Provider サービスと SRA サービスのログレベルを変更します

  12. TLS 設定を表示する

  13. TLS プロトコルを有効にします

  14. TLS プロトコルを無効にします

System Configuration (システム設定)

  1. 仮想マシンをリブートします

  2. 仮想マシンをシャットダウンします

  3. 「 maint 」ユーザのパスワードを変更します

  4. タイムゾーンを変更します

  5. 新しい NTP サーバを追加します

    NTP サーバの IPv6 アドレスを指定できます。

  6. SSH アクセスを有効にします

  7. jail ディスクサイズ( /jail )の拡張

  8. アップグレード

  9. VMware Tools をインストールします

ネットワーク構成:

  1. IP アドレス設定を表示します

  2. IP アドレスの設定を変更します

    このオプションを使用すると、導入後に IP アドレスを IPv6 に変更できます。

  3. ドメイン名検索設定を表示します

  4. ドメイン名検索設定を変更します

  5. 静的ルートを表示します

  6. 静的ルートを変更します

    このオプションを使用すると、 IPv6 ルートを追加できます。

  7. 変更をコミットします

  8. ホストに ping を実行します

    このオプションを使用すると、 IPv6 ホストに ping を送信できます。

  9. デフォルト設定に戻します

サポートと診断

  1. サポートバンドルの生成

  2. 診断シェルにアクセスします

  3. リモート診断アクセスを有効にします