日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

以前のストレージ機能プロファイルを使用して仮想マシンを移行する

VMware vSphere 用の最新バージョンの ONTAP ツールを使用している場合は、 次に、「最大スループット Mbps 」または「最大スループット IOPS 」の QoS メトリックを使用してプロビジョニングされた仮想マシンを、最新バージョンの ONTAP ツールの「最大 IOPS 」 QoS メトリックを使用してプロビジョニングされた新しい VVOL データストアに移行します。

  • このタスクについて *

最新バージョンの ONTAP ツールを使用して、仮想マシンまたは仮想マシンディスク( VMDK )ごとに QoS 指標を設定できます。これまで QoS 指標は ONTAP FlexVol ボリュームレベルで適用され、その FlexVol でプロビジョニングされたすべての仮想マシンまたは VMDK で共有されていました。

ONTAP ツール 7.2 以降では、 1 つの仮想マシンの QoS 指標が他の仮想マシンと共有されません。

注記 既存の VM ストレージポリシーは変更しないでください。仮想マシンが準拠しなくなる可能性があります。
  • 手順 *

    1. 必要な「最大 IOPS 」の値を指定した新しいストレージ機能プロファイルを使用して、 VVOL データストアを作成します。

    2. VM ストレージポリシーを作成し、新しい VM ストレージポリシーを新しいストレージ機能プロファイルにマッピングします。

    3. 新しい VM ストレージポリシーを使用して、既存の仮想マシンを新しく作成した VVOL データストアに移行します。