日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

大規模な環境向けの Storage Replication Adapter の設定

大規模な環境で最適なパフォーマンスを実現するには、 Storage Replication Adapter ( SRA )の推奨設定に従ってストレージのタイムアウト間隔を設定する必要があります。

ストレージプロバイダの設定

拡張環境の SRM について、次のタイムアウト値を設定する必要があります。

* 詳細設定 *

* タイムアウト値 *

「 torageProvider.resignatureTimeout 」を参照してください

設定の値を 900 秒から 12000 秒に増やします。

'torageProvider.hostRescanDelaySec'

60

'torageProvider.hostRescanRepeatCnt'

20

'torageProvider.hostRescanTimeoutSec'

高い値を設定します(例: 99999 )

また、「 torageProvider.autoResignatureMode` 」オプションを有効にする必要があります。

ストレージプロバイダの設定を変更する方法の詳細については、 VMware のドキュメントを参照してください。

ストレージ設定

大規模な環境では、「 torage.commandTimeout` 」および「 storage-.maxConcurrentCommandCnt 」のタイムアウト間隔の値を 99 、 999 秒に設定する必要があります。

注記 指定したタイムアウト間隔が最大値です。最大タイムアウトに達することはありません。ほとんどのコマンドは、設定された最大タイムアウト間隔内に終了します。

また、 vvol.properties ファイル offtap.operation.timeout.period.seconds=86400 で、 SRA が 1 回の処理を実行する最大時間を設定する必要があります。

詳細については、 SAN プロバイダの設定の変更に関する VMware のドキュメントを参照してください。