日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SRM アプライアンスで SRA を設定する

SRM アプライアンスを導入したら、 SRM アプライアンスに SRA を設定する必要があります。SRA を正しく設定すると、ディザスタリカバリ管理のために SRM アプライアンスが SRA と通信できるようになります。SRM アプライアンスと SRA の間の通信を有効にするためには、 ONTAP ツールのクレデンシャル( IP アドレスと管理者パスワード)を SRM アプライアンスに保存する必要があります。

  • 必要なもの *

tar.gz ファイルをからダウンロードしておく必要があります "ネットアップサポートサイト"
  • このタスクについて *

SRM アプライアンスで SRA を設定すると、 SRA クレデンシャルが SRM アプライアンスに保存されます。

  • 手順 *

    1. SRM アプライアンス画面で、 * Storage Replication Adapter * > * New Adapter * をクリックします。

    2. SRM に .tar.gz_file をアップロードします。

    3. アダプタを再スキャンして、 [SRM Storage Replication Adapters] ページで詳細が更新されていることを確認します。

    4. putty を使用して、管理者アカウントで SRM アプライアンスにログインします。

    5. root ユーザに切り替えます。 root ユーザには「 root 」コマンドを使用します

    6. ログの場所で次のコマンドを入力して、 SRA で使用されている Docker ID を取得します:「 docker ps -l 」

    7. コンテナ ID にログインするには、次のコマンドを入力します。「 docker exec-it-u SRM <container id>sh`

    8. 次のコマンドを使用して、 ONTAP ツールの IP アドレスとパスワードで SRM を設定します。「 perl command.pl -i <va-IP> administrator <va-password>`

      ストレージクレデンシャルが保存されたことを示す成功メッセージが表示されます。SRA は、指定された IP アドレス、ポート、およびクレデンシャルを使用して SRA サーバと通信できます。