日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

保護されていない仮想マシンを保護

レプリケーションを無効にした VM ストレージポリシーを使用して作成された、保護されていない既存の仮想マシンに対して保護を設定できます。保護を提供するには、 VM ストレージポリシーを変更し、レプリケーショングループを割り当てる必要があります。

  • このタスクについて *

SVM に IPv4 と IPv6 の両方の LIF がある場合は、 IPv6 LIF を無効にしてからディザスタリカバリのワークフローを実行する必要があります。

  • 手順 *

    1. 必要な仮想マシンをクリックして、デフォルトの VM ストレージポリシーが設定されていることを確認します。

    2. 選択した仮想マシンを右クリックし、 * 仮想マシンポリシー * > * 仮想マシンストレージポリシーの編集 * をクリックします。

    3. レプリケーションが有効になっている VM ストレージポリシーを「 VM ストレージポリシー」ドロップダウンから選択します。

    4. [Replication group] ドロップダウンからレプリケーション・グループを選択し '[OK] をクリックします

    5. 仮想マシンの概要を確認し、仮想マシンが保護されていることを確認します。

      注記
      • このリリースの ONTAP ツールでは、保護された仮想マシンのホットクローンはサポートされていません。仮想マシンの電源をオフにしてからクローニング処理を実行する必要があります。

      • 再保護処理の完了後に ONTAP ツールにデータストアが表示されない場合は、ストレージシステムの検出を実行するか、スケジュールされた次の検出処理が実行されるまで待つ必要があります。