日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

その他の主要な追加機能

System Manager の機能拡張、 SAN の機能拡張、データ保護の機能拡張に加えて、 ONTAP 9.9..1 にほかにもいくつかの大きな機能が追加されています。

論理スペースの計算 / 適用– FlexGroup ボリューム

FlexVol 9.4 では、 ONTAP ボリュームの論理スペースが計算されるようになりました。ストレージ管理者は、このツールを使用してストレージ効率化による削減効果をマスキングし、エンドユーザが指定のストレージクォータを過剰に割り当てないようにすることができます。

たとえば、 6TB のデータを 10TB ボリュームに書き込み、ストレージ効率が 2TB を超える場合、論理スペースを計算することで、ユーザが 6TB または 4TB を確認できるかどうかを制御できます。

エラー:グラフィックイメージがありません

ONTAP 9.5 では、この機能が強化され、 FlexVol のクォータ適用のサポートが追加されました。論理スペースのしきい値設定に従って新しい書き込みを禁止することで、ストレージ管理者の制御性が向上しています。ただし、 FlexGroup ボリュームでは、 ONTAP 9.9..1 までこの機能が使用できなくなりました。

ONTAP S3 ユーザ定義のメタデータタグ

ONTAP 9.8 では、オブジェクトストレージの基本機能に関して S3 プロトコルがサポートされるようになりました。

ONTAP 9.8 での S3 のサポートには、次のものが含まれています。

  • 基本的な PUT / GET オブジェクトアクセス(同じバケットから S3 と NAS の両方へのアクセスは含まれない)

    • オブジェクトのタグ付けや ILM はサポートされず、機能が豊富でグローバルに分散された S3 ではを使用します "NetApp StorageGRID"

  • TLS 1.2 暗号化

  • マルチパートアップロード

  • 調整可能なポート

  • ボリュームごとに複数のバケット

  • バケットのアクセスポリシー

  • NetApp FabricPool ターゲットとして S3 を使用する

ONTAP 9.9.1 以降では、 ObjectCreate および MultiPartUpload 呼び出しを使用する場合に、オブジェクトのメタデータタギングがサポートされます。HEAD または GET がオブジェクトに対して実行されると、ユーザ定義のメタデータとタグ数が応答で HTTP ヘッダーの一部として返されます。これらのタグを使用すると、 ONTAP バケット内のオブジェクトを分類してより堅牢なデータ管理を実現でき、メタデータとタグの作成が必要なアプリケーションにも対応できます。

詳細については、次のリソースを参照してください。

NFSv4.2 のセキュリティラベル

ONTAP 9.9.1 では、ラベル付き NFS と呼ばれる NFSv4.2 機能がサポートされるようになりました。これは、 SELinux ラベルと Mandatory Access Control ( MAC ;強制アクセス制御)を使用して、ファイルやフォルダへのきめ細かいアクセスを管理する方法です。これらの MAC ラベルはファイルおよびフォルダとともに格納され、 UNIX 権限および NFSv4.x ACL と連動します。ラベル付き NFS のサポートにより、 ONTAP は、 NFS クライアントの SELinux ラベル設定を認識し、理解できるようになりました。ラベル付き NFS については、を参照してください "RFC-7204"

ユースケースには次のものがあります。

  • 仮想マシンイメージの MAC ラベル

  • 公的部門のデータセキュリティ分類(シークレット、トップシークレットなど)

  • セキュリティコンプライアンス

  • ディスクレス Linux

このリリースでは、 ONTAP は次の強制モードをサポートします。

  • "制限付きサーバーモード"。ONTAP ではラベルを強制できませんが、ラベルを保存して送信することはできます。

    • MAC ラベルを変更する機能も、クライアント側で適用されます。

  • "ゲストモード"。クライアントのラベルが NFS 対応( v4.1 以下)でない場合、 MAC ラベルは送信されません。

ONTAP は現在サポートしていません "Full Mode (フルモード)" ( MAC ラベルの保存と適用)。