日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SAN の機能拡張

ONTAP 9.9.1 では、 SAN 関連の重要な拡張機能がいくつか提供されます。このセクションでは、これらの機能について説明し、これらの機能をさらに詳しく説明するドキュメントへのリンクを示します。

オール SAN アレイの機能拡張

ONTAP 9.8 でが導入されました "すべての SAN アレイ" ( ASA )でネットアップの製品ポートフォリオを管理ONTAP 9.9..1 では、 ASA は、非常に切望的な追加を取得します。

2 ノードから 12 ノードへのスケールアウト

ONTAP 9.4.1 より前のバージョンでは、 ASA は 2 ノードクラスタにしかなりませんでした。ただし、 ONTAP の SAN クラスタは、最大 12 ノードまでスケールアウトできるため、エンタープライズ SAN 環境のパフォーマンスと容量をさらにスケールアウトすることができます。クラスタ内のすべてのノードが ASA パーソナリティを持っている場合、 ASA は単一クラスタ内で最大 12 ノードまでスケールアップできます。ASA モデルは、同じクラスタ内に混在させることができます( 2 ノードの A400 HA ペアと 2 ノードの A800 HA ペアなど)。

NVMe/FC のサポート

ASA 9.9..1 では、 ONTAP は、超低レイテンシの NVMe over Fibre Channel を利用できるようになりました。必要なのは、 NVMe/FC および 32Gb FC ターゲットアダプタのライセンスだけです。

AFF SAN から ASA へのインプレース変換

スクリプトとネットアップの TME またはプロフェッショナルサービスのリソースを利用すれば、既存の AFF SAN クラスタを ASA のパーソナリティに変換しても、データを移行する必要はありません。クラスタが NAS データまたは S3 データを提供している場合は、変換前にそれらのプロトコルとデータセットを削除しておく必要があります。

単一 LUN のパフォーマンス

ASA プラットフォームと AFF SAN クラスタの両方で、 ONTAP 9.9.1 の変更によって、 SCSI スタックを LUN に並列化することによって、ピーク時のワークロードにおいて単一 LUN のパフォーマンスが大幅に向上します。

次の表に、 A800 プラットフォームと A300 プラットフォームのテストを示します。 1 つの LUN ワークロードでのパフォーマンスを比較します。 ONTAP 9.9.1 の AFF A800 での読み取りパフォーマンスは約 4 倍、 ONTAP 9.8 での同じワークロードでの書き込みパフォーマンスは 75% 向上しています。

プラットフォーム ランダムリードのピーク IOPS ランダムライトのピーク IOPS

A800

+393%

+75%

A300 の比較

+245%

+3.5%

注記 これらの改善は、マルチ LUN アプリケーション(論理ボリュームマネージャなど)には影響しません。

NVMe over Fibre Channel の機能拡張

ONTAP 9.9..1 では、 NVMe over Fibre Channel ネームスペースが非アクティブなリモートパスを使用してフェイルオーバーできるようになり、 NVMe/FC アプリケーションの全体的な耐障害性が向上します。

エラー:グラフィックイメージがありません

また、 ONTAP 9.9.1 では、 vCenter でネームスペースの VVol サポートとプロビジョニングがサポートされるようになり、 VMware の仮想化ワークロードで NVMe/FC がサポートされるようになりました。