日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager の機能拡張

ONTAP 9.8 で導入された ONTAP の GUI エクスペリエンスが改良されたことで、移動したものや利用できなくなったものがあることがわかりました。ONTAP 9.9.9..1 では、お客様からのフィードバックを収集し、 GUI に関するいくつかの懸念事項を解決してから、機能の一部を再び追加し、新機能や機能の改善を追加しました。次のセクションでは、これらの変更点と新しい追加点について説明します。System Manager に関する情報は、でも確認できます "System Manager のドキュメント"

機能の復元 / 操作性の向上

お客様からの要望にお応えし、お客様の要望にお応えしました。ONTAP 9.9.8.1 では、 ONTAP 9.8 システムマネージャで使用できなくなった機能の一部が製品に追加されました。また、操作性の向上も新たに追加されました。

ボリュームのプロビジョニング時にローカル階層 / アグリゲートを手動で選択

System Manager 9.9.1 では、新しいボリュームのプロビジョニング時に使用する物理ストレージ階層を手動で選択できます。これには、 FlexGroup ボリュームの作成時にアグリゲートを指定する機能も含まれます。必要に応じて、分散配置ロジックに基づいて ONTAP と System Manager で選択を行うこともできます。

容量表示の機能拡張

ONTAP で Snapshot コピー別の使用済み論理スペースを確認できるようになりました。また、 Snapshot コピーの有無によるストレージ容量削減比率の表示も可能です。

次の図は、 ONTAP System Manager 9.9.1 の容量ビューを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

NVMe over Fibre Channel – LIF の作成

System Manager で、ポートステータス、非対称ポート選択、ポートあたりの作成済み LIF 数の確認など、 NVMe over Fibre Channel ネームスペースで使用する LIF を作成および表示できるようになりました。これにより、物理ネットワークインターフェイスへの過負荷を回避できます。

EMS イベントビューア–ダッシュボード

ONTAP クラスタに発生する可能性がある問題をより早く把握するために、 System Manager 9.9.1 では、初回ログイン時に EMS イベントがダッシュボードに追加されています。これには、破損ディスク、ネットワークリンクの停止、ライセンスの問題、シェルフエラーやノードエラーなどの過去 24 時間のエラーが含まれます。

また、過去 24 時間に発生したボリュームの移動やヘルスモニタアラートなどの警告も表示されます。

Snapshot サイズと SnapMirror ラベル

System Manager の Snapshot ビューでは、 SnapMirror Snapshot コピーの Snapshot サイズとラベル(日単位、週単位など)を確認できます。

エラー:グラフィックイメージがありません

データ LIF のホームを変更

フェイルオーバーの実行中やネットワークの停止が解決されたあとも、多くの場合、データ LIF はフェイルオーバーポートに残ります。これにより、パフォーマンスと耐障害性に関する潜在的な問題が生じることがあります。これらのデータ LIF を簡単にホームに戻す方法が必要な場合、 System Manager 9.9.1 では、すべてのデータ LIF を 1 回クリックするだけで目的のホームポートに戻すことができます。

表示 / 非表示にする新しいボリュームフィールド

System Manager 9.9.1 では、表示 / 非表示ボタンを使用してボリューム情報を表示する方法がほかにもあります。これには、ローカル階層や使用可能 / 使用済みの情報も含まれます。

次の図は、 ONTAP System Manager 9.9 の新しいボリュームビューを示しています。1.

エラー:グラフィックイメージがありません

一括処理

ボリュームの移動や削除を複数実行したり、複数の LUN をイニシエータグループにマッピングしたり、クラウド階層に複数のボリュームを追加したりする必要がある場合に、複数のオブジェクトを選択してタスクを実行できるようになりました。ボリュームの削除では、 1 つのウィンドウで削除をアンマウント、オフライン化、確認することもできます。

次の図は、 ONTAP システムマネージャ 9.9.9..1 でのボリューム削除の簡単な例を示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

Active IQ 統合

Active IQ 解決策ユーザに複数の情報ソースに対する単一のアクセスポイントを提供するために、 System Manager 9.9.1 は NetApp ONTAP との統合を提供します。これにより、推奨されるファームウェアのほかに、ネットアップサポートサイトからイメージを直接ダウンロードしたり、クラスタの状況を簡単に確認したいときに使用できるサポートケースビューにアクセスしたりできます。左側のメニューの「 Cluster 」の下の「 Support 」リンクに移動し、クラスタを Active IQ に登録するだけで開始できます。

次の図は、 ONTAP システムマネージャ 9.9..1 の Active IQ ビューを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

ハードウェア仮想化プラットフォームの拡張

ハードウェアの可視化には、プラットフォームモデル、シリアル番号、テイクオーバー / ギブバックのステータス、ディスクのステータス、ポート情報などの情報が含まれます。ONTAP 9.9.1 では、ハードウェアの可視化をサポートするプラットフォームが追加され、最新のすべての AFF プラットフォームが含まれるようになりました。

エラー:グラフィックイメージがありません

ONTAP 9.9..1 では、次のコンポーネントがサポートされています。

  • * プラットフォーム。 * C190 / A220 / A250 / A300 / A400 / A700 / A700s / A800 / A320 / FAS500f

  • * ディスクシェルフ。 * DS4243 / DS4486 / DS212C / DS2246 / DS224C / NS224

  • * ネットワークスイッチ。 * Cisco Nexus 3232C / Cisco Nexus 9336C-FX2

Ansible Playbook のワークフロー

Ansible などのアプリケーションを使用した日常業務の自動化に注目する企業が増えており、繰り返し実行可能なエラーのないワークフローを提供しています。ネットアップでは、 Ansible プレイブックのライブラリ全体を利用できます。詳細については、を参照してください "ネットアップ向けの Ansible ページ"

System Manager 9.9.1 では、 Ansible を使用するための新しい手法が追加され、プレイブックを 1 回のクリックで生成できるようになりました。プレイブックを使用するには、から Ansible とネットアップコレクションをインストールします "Ansible Galaxy"ただし、 System Manager で選択したストレージプロビジョニングタスクの Save to Ansible Playbook リンクをクリックすると、プレイブックの作成を開始できます。

エラー:グラフィックイメージがありません

このボタンをクリックすると、 Ansible に必要な .yaml ファイルを含む .zip ファイルが作成されます。

エラー:グラフィックイメージがありません

ファイルシステム分析の機能拡張

ファイル数の多い環境では ' フォルダの容量 ' データの経過時間 ' ファイル数に関する情報を検索するには ' 通常 'ls'`u’find 'tat' など 'NAS プロトコルでシリアル・オペレーションを実行する時間のかかるコマンドまたはスクリプトが必要です

ONTAP System Manager 9.8 では、管理者が NAS ストレージボリュームのファイルシステム情報をすばやく簡単に見つける方法が導入されました。これは、各ボリュームに影響の少ないスキャナを使用できるようにすることで実現されました。このスキャナは、優先度の低いジョブで ONTAP ファイルシステムをバックグラウンドでクロールし、有効になっているボリュームに移動するとすぐに使用できる情報を豊富に提供します。

有効化 "File System Analytics の略" スキャンするボリュームに移動するのと同じくらい簡単です。[ ストレージ ] 、 [ ボリューム ] の順に移動し、検索を使用して目的のボリュームを検索します。ボリュームをクリックし、エクスプローラタブをクリックします。

ここから、ページの右側に [ 分析を有効にする ] リンクが表示されます。

エラー:グラフィックイメージがありません

[ 有効 ] をクリックすると、スキャナが起動します。完了までの時間は、ボリューム内のオブジェクト数およびシステムの負荷によって異なります。完了すると、ディレクトリ構造全体が System Manager のビューに表示されます。このビューにはディレクトリツリー内の移動方法があり、履歴情報、ディレクトリサイズ情報、およびファイルサイズが表示されます。

ONTAP 9.9.1 では、ファイル名またはディレクトリ名によるフィルタリングや実行など、この機能がさらに強化されています "ファストディレクトリ削除"

System Manager 9.9.1 のその他の機能拡張

ONTAP 99.1 では、 System Manager に関する次の機能拡張も行われています。

  • ネストされた igroup

  • SnapMirror クラウドバックアップおよびリストア( ONTAP S3 および StorageGRID のみ)

  • オール SAN アレイ拡張

  • FlexCache の事前取り込み、 DR 、帯域幅の節約状況の表示

  • FlexGroup ボリュームの SVM-DR

  • FlexGroup ボリュームでの SnapMirror カスケードとファンアウトのサポート

  • FabricPool :最小クーリング日数を調整または変更します