日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

scan-mandatory オプションの使用時に発生する可能性がある接続の問題

寄稿者

接続の問題のトラブルシューティングに役立つ Vscan サーバ接続に関する情報を表示するには、 vserver vscan connection-status show コマンドを使用します。

デフォルトでは、オンアクセススキャンに「 mCAN - mandatory 」オプションを指定すると、 Vscan サーバ接続がスキャンに使用できない場合にファイルアクセスが拒否されます。このオプションは重要な安全機能を備えていますが、いくつかの状況で問題が発生する可能性があります。

  • クライアントアクセスを有効にする前に、 LIF が設定された各ノードの SVM に少なくとも 1 つの Vscan サーバが接続されていることを確認する必要があります。クライアントアクセスを有効にしたあとに SVM にサーバを接続する必要がある場合は、 SVM で「 scan-mandatory 」オプションをオフにして、 Vscan サーバが接続されていないためにファイルアクセスが拒否されないようにする必要があります。サーバの接続が完了したら、オプションをオンに戻すことができます。

  • 1 つのターゲット LIF で SVM のすべての Vscan サーバ接続をホストしている場合、その LIF を移行するとサーバと SVM の間の接続が失われます。Vscan サーバ接続を使用できないことが原因でファイルアクセスが拒否されないようにするには、 LIF を移行する前に「 scan-mandatory 」オプションをオフにする必要があります。LIF の移行が完了したら、オプションをオンに戻すことができます。

各 SVM に少なくとも 2 つの Vscan サーバを割り当てる必要があります。ストレージシステムへの Vscan サーバの接続には、クライアントアクセスとは別のネットワークを使用することを推奨します。