日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラスタ管理者の事前定義されたロール

寄稿者 netapp-thomi

ほとんどの場合、クラスタ管理者用に事前定義されたロールで十分です。必要に応じて、カスタムロールを作成することができます。デフォルトでは ' クラスタ管理者には ' 事前定義された admin ロールが割り当てられます

次の表に、クラスタ管理者用の事前定義されたロールを示します。

ロール

アクセスレベル

コマンドまたはコマンドディレクトリに移動します

管理

すべて

すべてのコマンドディレクトリ ( デフォルト )

AutoSupport

すべて

  • 「セット」

  • 「システムノード AutoSupport 」

なし

その他のすべてのコマンドディレクトリ ( デフォルト )

バックアップ

すべて

「 vserver services ndmp 」のようになります

  • 読み取り専用

「 volume 」

なし

その他のすべてのコマンドディレクトリ ( デフォルト )

  • 読み取り専用

すべて

  • 「セキュリティログインパスワード」

  • 「セット」

なし

「セキュリティ」

  • 読み取り専用

その他のすべてのコマンドディレクトリ ( デフォルト )

なし

なし

注記

AutoSupport ロールは ' 事前定義された AutoSupport アカウントに割り当てられますこれは AutoSupport OnDemand で使用されますONTAP は '`AutoSupport アカウントの変更または削除を防止しますONTAP では ' 他のユーザー・アカウントに AutoSupport ロールを割り当てることもできません