日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud WORM ストレージ

寄稿者

コンプライアンスの重要な側面として、特定のデータが必要な期間変更されないように保証できることが挙げられます。Cloud Volumes ONTAP システム上で Write Once Read Many ( WORM )ストレージをアクティブにして、指定した保存期間内にファイルを変更せずに保持できます。クラウド WORM ストレージには SnapLock テクノロジが採用されており、 WORM ファイルはファイルレベルで保護されます。

WORM ストレージにコミットされたファイルは、保持期間が過ぎても変更できません。改ざん防止クロックは、 WORM ファイルの保持期間が経過したタイミングを決定します。

新しい作業環境を作成するときに、 Cloud Volumes ONTAP システムで WORM ストレージをアクティブにできます。これには、ファイルのデフォルトの保持期間の設定も含まれます。個々のボリュームで WORM ストレージをアクティブ化することはできません。つまり、一時的に、システムレベルで有効にする必要があります。