日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クォータを使用してリソースを管理する

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

このセクションのトピックでは、 ONTAP 9.7 以降のリリースで ONTAP System Manager を使用して使用クォータを設定および管理する方法を説明します。

ONTAP CLI を使用して使用クォータを設定および管理する場合は、次のコンテンツを参照してください。

ONTAP 9.7 以前のリリースで OnCommand System Manager を使用して使用クォータを設定および管理する場合は、 ONTAP リリースの内容を参照してください。

クォータの概要

クォータを使用すると、ユーザ、グループ、または qtree によって使用されるディスクスペースやファイル数を制限したり、追跡したりできます。クォータは、特定のボリュームまたは qtree に適用されます。

クォータを使用して、ボリューム内のリソース使用量を追跡して制限したり、リソース使用量が特定のレベルに達したときに通知したりできます。

クォータには、ソフトクォータとハードクォータがあります。ソフトクォータ原因 ONTAP では、指定された制限を超過すると通知が送信されますが、ハードクォータでは、指定された制限を超過すると書き込み処理が失敗します。