日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

シンプロビジョニング

寄稿者

ONTAP は、 Snapshot コピーに加え、 Storage Efficiency テクノロジも幅広く提供しています。主なテクノロジには、シンプロビジョニング、重複排除、圧縮、 FlexClone ボリューム、ファイル、 LUN の割り当てが可能です。Snapshot コピーと同様に、いずれも ONTAP の Write Anywhere File Layout ( WAFL )を基盤としています。

シンプロビジョニングされたボリュームまたは LUN は、ストレージが事前に予約されていないボリュームです。代わりに、ストレージは必要に応じて動的に割り当てられます。ボリュームまたは LUN 内のデータが削除されると、空きスペースはストレージシステムに戻されます

たとえば、 5 、 000 人のユーザにホームディレクトリ用のストレージを提供する必要があるとします。ホームディレクトリの消費スペースは、最大で 1GB と推定されます。

この状況では、 5TB の物理ストレージを購入することが考えられます。ホームディレクトリを格納するボリュームごとに、最もスペースを消費するユーザのニーズを満たす十分なスペースを確保します。

しかし実際には、ホームディレクトリに必要とされる容量はコミュニティによって大きく異なることもわかっています。ストレージを大量に消費するユーザごとに、ほとんど、またはまったく消費しないユーザが 10 人あります。

シンプロビジョニングを使用すると、使用しない可能性があるストレージを購入することなく、ストレージを大量に消費するユーザのニーズを満たすことができます。ストレージスペースは実際に消費されるまで割り当てられないため 2TB のアグリゲートを「オーバーコミット」するには、アグリゲートに含まれる 5 、 000 ボリュームのそれぞれに名目上は 1GB のサイズを割り当てる必要があります。

ライトユーザとヘビーユーザの 10 : 1 という比率に間違いがなければ、アグリゲートの空きスペースを能動的に監視しているかぎり、スペース不足によってボリュームへの書き込みが失敗することはありません。