日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリューム、 qtree 、ファイル、および LUN

寄稿者

ONTAP は、 _FlexVol ボリュームと呼ばれる論理コンテナからクライアントとホストにデータを提供します。 _ これらのボリュームは包含アグリゲートと緩やかに結合されているため、従来のボリュームよりも柔軟にデータを管理できます。

1 つのアグリゲートに複数の FlexVol を割り当てて、異なるアプリケーションやサービス専用にすることができます。FlexVol を拡張および縮小したり、 FlexVol ボリュームを移動したり、 FlexVol ボリュームの効率的なコピーを作成したりできます。qtree _ を使用して FlexVol ボリュームをより管理しやすい単位にパーティショニングしたり、クォータ _ を使用してボリュームのリソース使用量を制限したりできます。

NAS 環境ではボリュームにファイルシステムが格納され、 SAN 環境では LUN が格納されます。LUN (論理ユニット番号)は、 SAN プロトコルによって対処される a_logical unit_ というデバイスの識別子です。

LUN は、 SAN 構成におけるストレージの基本単位です。Windows ホストは、ストレージシステム上の LUN を仮想ディスクとして認識します。LUN は、必要に応じて無停止で別のボリュームに移動できます。

データボリュームのほかに、いくつかの特別なボリュームについて理解しておく必要があります。

  • a_node root volume_( 通常は「 vol0 」 ) には、ノードの構成情報とログが格納されます。

  • SVM ルートボリュームは、 SVM によって提供されるネームスペースへのエントリポイントとして機能し、ネームスペースディレクトリ情報が格納されます。

  • System volume_ には、サービス監査ログなどの特別なメタデータが格納されます。

これらのボリュームはデータの格納には使用できません。

個のボリューム

*_ FlexGroup volumes _ *

企業によっては、 FlexVol ボリュームの 100TB の容量をもはるかに超えるペタバイト規模のストレージが単一のネームスペースで必要になることがあります。

FlexGroup volume__ は、 200 個のコンスティチュエントメンバーボリュームを含む最大 4 、 000 億個のファイルをサポートします。このメンバーボリュームはコラボレーションにより、負荷を動的に分散し、すべてのメンバーに均等にスペースを割り当てます。

FlexGroup ボリュームではメンテナンスや管理の手間も必要ありません。単に FlexGroup ボリュームを作成して NAS クライアントと共有するだけです。ONTAP が残りの処理を実行します。