日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

階層型整合グループを設定します

寄稿者 netapp-ahibbard

アプリケーションワークロードが複数のボリュームサブセットで構成されており、各サブセットがそれぞれに関連付けられたボリューム間で一貫している場合は、 ONTAP で階層型整合グループを作成できます。階層型整合グループには、最大 5 つの個別の整合グループを含むことができる親があります。階層型整合グループでは、整合グループまたは個々のボリュームで異なるローカル Snapshot ポリシーをサポートできます。リモートの SM-BC ポリシーを使用する場合、整合グループ全体に適用されます。

整合グループのオブジェクト制限については、を参照してください 整合性グループのオブジェクトの制限

新しいボリュームを含む階層型整合グループを作成します

手順
  1. Storage > Consistency groups * を選択します。

  2. 「 * + Add. * 」を選択し、「 * 新しい LUN を使用する」を選択します。

  3. 整合グループに名前を付けます。LUN の数と容量を指定します。

  4. ホストオペレーティングシステムと LUN 形式を選択します。ホストイニシエータの情報を入力します。

  5. 保護ポリシーを設定するには、子整合グループを追加するか、ホストイニシエータに関するオプションをさらに表示するには、 * その他のオプション * を選択します。

  6. 子整合グループを追加するには、 * + 子整合グループを追加 * を選択します。

  7. パフォーマンスレベル、 LUN の数、 LUN あたりの容量を選択します。ホストオペレーティングシステムの LUN 形式を指定し、新規または既存のホストイニシエータグループを選択します。

  8. * オプション * :ローカル Snapshot ポリシーを選択します。

  9. 最大 5 つの子整合グループに対して、を繰り返します。

  10. [ 保存( Save ) ] を選択します。

  11. 整合グループが作成されたことを確認するために、 ONTAP ジョブの完了時に表示されるメインの整合グループメニューに戻ります。保護ポリシーを設定する場合は、該当するポリシーの下で、リモートまたはローカルを確認します。緑の盾の横にチェックマークが表示されます。

既存のボリュームを含む階層型整合グループを作成します

手順
  1. Storage > Consistency groups * を選択します。

  2. 「 * + 追加 . * 」を選択し、「既存のボリュームを使用」を選択します。

  3. Storage VM を選択してください。

  4. 対象に含める既存のボリュームを選択します。選択できるのは、整合グループにまだ含まれていないボリュームのみです。

  5. 子コンシステンシグループを追加するには、 * + 子コンシステンシグループの追加 * を選択します。必要な整合グループを作成します。このグループには自動的に名前が付けられます。

  6. 各整合グループに既存のボリュームを割り当てます。

  7. * オプション * :ローカル Snapshot ポリシーを選択します。

  8. 最大 5 つの子整合グループに対して、を繰り返します。

  9. [ 保存( Save ) ] を選択します。

  10. 整合グループが作成されたことを確認するために、 ONTAP ジョブの完了時に表示されるメインの整合グループメニューに戻ります。保護ポリシーを選択した場合は、メニューから整合グループを選択して、ポリシーが適切に設定されていることを確認します。保護ポリシーを設定する場合は、該当するポリシーの下で、リモートまたはローカルを確認します。緑の盾の横にチェックマークが表示されます。