日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

デスティネーションボリュームが自動的に拡張される状況

寄稿者

ソースボリュームのサイズが増大していた場合、デスティネーションボリュームを含むアグリゲートに空きスペースがあれば、データ保護ミラー転送の実行時にデスティネーションボリュームのサイズが自動的に拡張されます。

この処理は、デスティネーションの自動拡張の設定には関係なく行われます。ボリューム ONTAP の拡張量を制限したり拡張処理を禁止したりすることはできません。

デフォルトでは ' データ保護ボリュームは 'grow_shrink オートサイズモードに設定されますこれにより ' 使用容量に応じてボリュームを拡張または縮小できますデータ保護ボリュームの max-autosize は、 FlexVol の最大サイズと同じで、プラットフォームごとに異なります。例:

  • FAS2220 、デフォルトの DP ボリュームの max-autosize = 60TB

  • FAS6240 、デフォルトの DP ボリューム max-autosize = 70TB

  • FAS8200 のデフォルトの DP ボリューム最大オートサイズは 100TB です

詳細については、を参照してください "NetApp Hardware Universe の略"