日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CLI によるデータ保護の概要

CLI コマンドを使用すると、ローカル ONTAP システムで Snapshot コピーを管理したり、 SnapMirror を使用してリモートシステムに Snapshot コピーをレプリケートしたりできます。ディザスタリカバリまたは長期保持用の Snapshot コピーをレプリケートできます。

これらの手順は、次の状況で使用します。

  • ONTAP のバックアップとリカバリ機能の範囲について理解する必要がある。

  • System Manager 、自動スクリプトツール、 SnapCenter 製品ではなく、コマンドラインインターフェイス( CLI )を使用する必要がある。

  • ソースクラスタとデスティネーションクラスタ間およびソース SVM とデスティネーション SVM 間でピア関係を作成済みである。

  • ボリュームまたは SVM を AFF または FAS ストレージシステムから AFF または FAS ストレージシステムにバックアップする。

    • Element ボリュームを ONTAP にレプリケートする場合や ONTAP LUN を Element システムにレプリケートする場合は、 NetApp Element ソフトウェアのドキュメントを参照してください。

    • ONTAP 9.10.1 以降では、 S3 SnapMirror を使用して S3 バケット間にデータ保護関係を作成できます。詳細については、を参照してください "S3 SnapMirror の概要"

  • テープではなくオンライン方式を使用してデータ保護を提供する必要がある。

ONTAP でこれを行うその他の方法

実行するタスク 参照先

再設計された System Manager ( ONTAP 9.7 以降で使用可能)

"ミラーとバックアップを準備"

System Manager Classic ( ONTAP 9.7 以前で使用可能)

"ボリュームのディザスタリカバリの準備の概要"