日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

パス名のパターンマッチングを使用します

寄稿者

パターンマッチングを使用すると、「 snapmirror 」コマンドでソースパスとデスティネーションパスを指定できます。

「 'napmirror' 」コマンドでは、「 vserver : volume 」の形式で完全修飾パス名を使用します。SVM 名を入力せずにパス名を省略できます。省略した場合、「 snapmirror 」コマンドではユーザのローカル SVM コンテキストが使用されます。

SVM の名前が「 vserver1 」で、ボリュームの名前が「 vol1 」であるとすると、完全修飾パス名は「 vserver1 : vol1 」になります。

パス名にアスタリスク( * )をワイルドカードとして使用すると、一致する完全修飾パス名を選択できます。次の表に、ワイルドカードを使用して特定範囲のボリュームを選択する例を示します。

「 * 」

すべてのパスに一致します。

「 vs * 」

SVM 名の先頭が「 vs 」であるすべての SVM およびボリュームが一致します。

:*src

ボリューム名に「 rc 」というテキストが含まれているすべての SVM が一致します。

:vol

ボリューム名の先頭が「 vol 」であるすべての SVM が一致します。

vs1::> snapmirror show -destination-path *:*dest*
                                                                                Progress
Source              Destination  Mirror        Relationship  Total              Last
Path          Type  Path         State         Status        Progress   Healthy Updated
------------- ---- ------------ ------------- -------------- ---------- ------- --------
vs1:sm_src2
              DP   vs2:sm_dest1
                                Snapmirrored  Idle           -          true    -