• ホーム
  • ドキュメント
  • ONTAP 9
  • 単一ファイル、 LUN 、または NVMe のネームスペースを SnapMirror デスティネーションからリストアします
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

単一ファイル、 LUN 、または NVMe のネームスペースを SnapMirror デスティネーションからリストアします

寄稿者 netapp-thomi

単一ファイルまたは LUN 、あるいは一連のファイルまたは LUN を Snapshot コピーからリストアしたり、 NVMe ネームスペースを SnapMirror デスティネーションボリュームからリストアしたりできます。ONTAP 9.7 以降では、 SnapMirror Synchronous デスティネーションから NVMe ネームスペースをリストアすることもできます。ファイルは元のソースボリュームにリストアするか、別のボリュームにリストアできます。

ファイルまたは LUN を SnapMirror Synchronous デスティネーション( ONTAP 9.5 以降でサポート)からリストアするには、先に関係を削除して解放しておく必要があります。

ファイルまたは LUN のリストア先のボリューム(デスティネーションボリューム)は読み書き可能なボリュームである必要があります。

  • ソースボリュームとデスティネーションボリュームに共通の Snapshot コピーがある場合(通常、リストア先が元のソースボリュームである場合と同様)、 SnapMirror は _incremental restore_x を実行します。

  • それ以外の場合、 SnapMirror は _ ベースラインリストアを実行します。これにより、指定された Snapshot コピーおよびコピーが参照するすべてのデータブロックがデスティネーションボリュームに転送されます。

手順
  1. デスティネーションボリューム内の Snapshot コピーの一覧を表示します。

    volume snapshot show -vserver svm-volume volume

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    次に 'vserverB : secondary1' デスティネーション上の Snapshot コピーを示します

    cluster_dst::> volume snapshot show -vserver vserverB -volume secondary1
    
    Vserver     Volume      Snapshot                State    Size  Total% Used%
    -------     ------      ---------- ----------- ------   -----  ------ -----
    vserverB    secondary1  hourly.2013-01-25_0005  valid   224KB     0%    0%
                            daily.2013-01-25_0010   valid   92KB      0%    0%
                            hourly.2013-01-25_0105  valid   228KB     0%    0%
                            hourly.2013-01-25_0205  valid   236KB     0%    0%
                            hourly.2013-01-25_0305  valid   244KB     0%    0%
                            hourly.2013-01-25_0405  valid   244KB     0%    0%
                            hourly.2013-01-25_0505  valid   244KB     0%    0%
    
    7 entries were displayed.
  2. 単一ファイルまたは LUN 、あるいは一連のファイルまたは LUN を、 SnapMirror デスティネーションボリューム内の Snapshot コピーからリストアします。

    「 snapmirror restore-source-path_SVM : volume_|| 」、「 /SVM/volume_」 、「 …​ 」 -destination-path SVM : volume_|cluster : // SVM/volume,…​ -source-snapshot snapshot-file-list_source_file_path 、 @destination_file_path

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    注記

    このコマンドはデスティネーション SVM またはデスティネーションクラスタから実行する必要があります。

    次のコマンドは ' 元のデスティネーション・ボリューム 'econdary1' の Snapshot コピー 'dIce.2013-01-25_0010' から ' ファイル file1' と file2 を ' 元のソース・ボリューム 'primary1' のアクティブ・ファイル・システムの同じ場所にリストアします

    cluster_dst::> snapmirror restore -source-path vserverB:secondary1 -destination-path vserverA:primary1 -source-snapshot daily.2013-01-25_0010 -file-list /dir1/file1,/dir2/file2
    
    [Job 3479] Job is queued: snapmirror restore for the relationship with destination vserverA:primary1

    次のコマンドは ' 元のデスティネーション・ボリューム 'econdary1' の Snapshot コピー 'dILI.2013-01-25_0010' から ' ファイル file1' と file2 を ' 元のソース・ボリューム 'primary1' のアクティブ・ファイル・システムの別の場所にリストアします

    @ マークに続くパスがデスティネーションファイルのパスで、元のソースボリュームのルートからのパスを指定しています。この例では 'file1' は 'primary1' の /dir1/file1.new' および file2 にリストアされ 'dir2.new/file2 にリストアされます

    cluster_dst::> snapmirror restore -source-path vserverB:secondary1 -destination-path vserverA:primary1 -source-snapshot daily.2013-01-25_0010 -file-list /dir/file1,@/dir1/file1.new,/dir2/file2,@/dir2.new/file2
    
    [Job 3479] Job is queued: snapmirror restore for the relationship with destination vserverA:primary1

    次のコマンドは、元のデスティネーションボリューム「 econdary1 」の Snapshot コピー「 daily 2013-01-25_0010 」のファイル「 file1 」と「 file3 」を、元のソースボリューム「 primary1 」のアクティブなファイルシステムの別の場所にリストアし、「 file2 」を「 primary1 」のアクティブなファイルシステムの同じ場所にリストアします。

    この例では ' ファイル file1' は /dir1/file1.new' にリストアされ 'file3 は '//dir3.new/file3' にリストアされます

    cluster_dst::> snapmirror restore -source-path vserverB:secondary1 -destination-path vserverA:primary1 -source-snapshot daily.2013-01-25_0010 -file-list /dir/file1,@/dir1/file1.new,/dir2/file2,/dir3/file3,@/dir3.new/file3
    
    [Job 3479] Job is queued: snapmirror restore for the relationship with destination vserverA:primary1